まるで鶏肉、ウロコをはがす新種のヤモリを発見

危機に陥ると素早くはがして難を逃れる、マダガスカル

2017.02.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウロコがはがれた状態のウロコヤモリの1種Geckolepis megalepis。ウロコは数週間で生えそろう。(PHOTOGRAPH BY FRANK GLAW)
[画像のクリックで拡大表示]

 ある種のヤモリにとって、ウロコをどれだけ早く脱ぎ捨てられるかは生死に関わる問題だ。

 肉が露出するまで必要に応じてウロコを落とせるウロコヤモリの新種Geckolepis megalepisが、アフリカ大陸の東に浮かぶマダガスカル島で発見され、2月7日付けのオンライン学術誌「PeerJ」に発表された。危機に陥るとウロコをはがして逃げるヤモリの仲間は他にも4種存在する。捕食者から逃げるための有名なトカゲの尻尾切りとよく似た戦略だ。(参考記事:「3本の尻尾を持つトカゲが見つかる、コソボ」

 この新種のヤモリの特徴は、ウロコの大きさと厚さだ。ラテン語の種名megalepisの意味は「とても大きなウロコ」。まるで骨の板のようなウロコは、「引き裂きゾーン(tear zone)」と呼ばれるウロコの根元にある細胞の層に沿って血も出さずに切断されるようになっている。そして、新しいウロコは数週間ほどでまた生えそろう。

 このヤモリの仲間では珍しく、とても簡単にウロコをはがせることもGeckolepis megalepisの特徴だ。

「数枚のウロコがはがれただけでこのヤモリを捕まえることができたのは1度だけです」と、論文の著者で、ドイツ、ミュンヘンのルートヴィヒ・マクシミリアン大学の博士課程に在籍するマーク・シェルツ氏は話す。

このGeckolepis megalepisは、似たような外見のマダガスカルのヤモリと長いこと混同されてきた。(PHOTOGRAPH BY NEIL D'CRUZE)
[画像のクリックで拡大表示]

「感激しました! このようなヤモリの標本はどの博物館でも見ることはできますが、ウロコがそろっているのは非常に珍しいのです。おかしな話でしょう」(参考記事:「東南アジアで163種の新種、風変わりな生物も」

2004年に見つかっていた

 実際、19世紀末にマダガスカルで初めてこの奇妙なヤモリの仲間を見つけた科学者たちも、同じ問題に直面していた。彼らもウロコを失わずにこのようなヤモリを捕まえるのは非常に難しかったと説明している(近頃は、一切ヤモリに触らないように、袋におびき寄せる方法が使われている)。

「ウロコを失うと、ヤモリは身を隠す場所を探すはずです」とシェルツ氏。「少なくともウロコの再生が始まるまでは隠れ家にとどまると想像できます。ウロコがはがれて肉が見えている野生のヤモリに出会ったことはありません」

 爬虫類学者がヤモリの種類を見分けるために注目する主な特徴は、ウロコの数と模様だ。Geckolepis megalepisを新種だと判断するのにここまで時間がかかった理由の一部もそこにある。このヤモリは親戚によく似ているうえ、身を隠すのも、カムフラージュも得意だ。

 たとえば、Geckolepis megalepisの最初の標本が見つかったのは2004年。マダガスカルのアンカラナ国立公園の石灰岩の岩が多いカルスト地域でのことだった。しかし、似たような外見のオオバクチヤモリ(Geckolepis maculata)だと誤って判断されてしまった。(参考記事:「マダガスカルの針岩の砦」

 2013年に遺伝子の分析が行われると、Geckolepis(ウロコヤモリ属)には12程度の種類が存在する、または存在していた可能性があることがわかった。そこでシェルツ氏は、外見ではなく骨格構造を綿密に観察するという新しい方法でヤモリを分析することにした。

 シェルツ氏は、指導教官の1人であるフランク・グラウ氏とともにGeckolepis megalepisの骨格のマイクロCTスキャンを行い、構造の微細な違いを記録した。たとえば、椎骨や鼻の骨の形の違いなどだ。そしてシェルツ氏らはこのヤモリが新種であることを突き止めた。(参考記事:「巨大恐竜の赤ちゃん、自力で生活していた」

頭蓋骨の3次元ステレオ画像。科学者たちは椎骨や鼻の骨などの3次元CT画像から、ヤモリが新種であることを突き止めた。(IMAGE BY MARK D. SCHERZ)
[画像のクリックで拡大表示]

爬虫類の楽園を守る

 シェルツ氏らはこの新種をヤモリ科に分類できたが、ヤモリ自体がお互いをどのように認識しているのかはまったくわからない。(参考記事:「ヤモリ、足裏の吸着と解除のしくみ解明」

「ある地域で、2つの異なる遺伝子の系統が隣り合って生息していることはよくあります。しかし、彼らはどうやってお互いを区別しているのでしょうか。行動やフェロモンによるものかもしれませんし、ウロコの形によるのかもしれません。とにかくまだわかっていないのです」(参考記事:「ヤモリが濡れた葉に張りつける理由」

生息地である森が破壊され、新種のヤモリは危機的状況にあると科学者は言う。(PHOTOGRAPH BY NEIL D'CRUZE)
[画像のクリックで拡大表示]

 生息地であるカルスト地域は保護されているものの、近隣で行われているサファイアの採掘、人間が起こす火災、家畜の放し飼いなどによってヤモリとその狭い行動圏は脅かされている。

 そういった理由から、シェルツ氏はこれらの種を「近危急種(near threatened)」に指定するよう国際自然保護連合に働きかけている。

 英ロンドンの世界動物保護協会で野生生物に関する研究や施策を率いているニール・ドクルーズ氏によれば、マダガスカルでは350種の陸生爬虫類が生活しているが、その90%は他の場所では見られない種だという。(参考記事:「擬態するヤモリ、マダガスカルの新種」「悪魔のヤモリ、世界の珍種」

「マダガスカルは爬虫類の楽園であり、生物多様性のホットスポットです。彼らのことを理解して守れるようになるためには、さらなる基礎調査が必要です」

文=Michelle Z. Donahue/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加