太陽系外の恒星を回る4惑星、貴重な動画が公開

129光年離れた惑星系の7年間の動きをとらえた

2017.02.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【動画】129光年先の恒星を回る惑星たち
中央にある恒星の周りを4つの恒星が回っている。カナダ、ヘルツベルク宇宙物理学研究所のクリスチャン・マロワ氏が撮影した7年間の画像を系外惑星の研究団体NExSSのジェイソン・ワン氏がつなぎ合わせて作成した。(Images by Jason Wang and Christian Marois)

 地球から129光年離れた明るい恒星のまわりを、4つの惑星が回っている動画が公開された。

 私たちは近隣の惑星の周りを衛星が回るところは見られても、太陽のまわりを惑星が周回するダンスを遠くから観察するのは難しい。そして今、科学者らが7年にわたりこの惑星系を見つめ続けた結果、私たちは惑星が静かに軌道をたどる様子を目にすることができた。ヨハネス・ケプラーが400年前に発見した惑星運動の法則にしたがって旋回するこれらの星々を見ていると、言葉では言い表しがたい厳粛な気持ちになる。

惑星はどれも木星より大きい

 この動画の中心に星印で示されているのは、HR 8799と呼ばれる恒星で、地球から約129光年離れたペガスス座にある。太陽の約5倍の明るさを持つHR 8799の年齢はまだ3000万年。星としては生まれたばかりに等しい。

 周りに見える4つの惑星は、いずれも木星よりずっと大きい巨大ガス惑星で、地球年で40年から400年かけて軌道を1周する。より恒星に近い側には、もっと小さな岩石惑星が存在するかもしれないし、惑星系を取り巻く塵の円盤には第5の巨大惑星が隠れている可能性もある。(参考記事:「系外惑星系HR 8799に異質な第4の惑星」

 この太陽系外惑星系は、天文学者が初めて直接撮影したものの1つだ。129光年とほどほどに近く、各惑星も十分な大きさがあるため、米ハワイ島マウナケア山頂のケック望遠鏡の1つで観測することができた。(参考記事:「世界初、系外惑星候補の撮影に成功! 田村元秀研究室」

 カリフォルニア大学バークレー校の大学院生ジェイソン・ワン氏が、2009年8月から2016年夏までに撮影されたこの惑星系の7枚の画像を編集し、静止画像間の惑星の動きを補間してこの動画を作成した。

 その結果、地球上の私たちが何世紀もの間見たいと思い続けてきた神秘的な天体の姿が浮かび上がった。「他の恒星の周りを惑星が回るのを見られるのは、本当に素晴らしいことです。ケプラー運動を実際にこの目で見られるのですから」とワン氏は話す。

若い惑星系の解明に期待

 天文学者らは、HR 8799のような若い恒星を研究することで、惑星の成長と進化について多くのことがわかり、さらには初期の太陽系の惑星たちの様子を垣間見ることもできるのではないかと期待している。(参考記事:「地球に「最も似ている」太陽系外惑星を発見」

「私たちの太陽系で何十億年も時間を巻き戻すのは無理です。惑星形成を理解するには、このような若い惑星系を研究する方が簡単です」とワン氏は語る。(参考記事:「重力波、世紀の発見をもたらした壮大な物語」

【フォトギャラリー】ハッブル望遠鏡 50の傑作画像

文=Nadia Drake/訳=山内百合子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加