バイキング、知られざるその壮大な歴史

北米へ欧州から最初に渡り、ロシアの基礎も築いた中世の「襲撃者」

2017.01.25
バイキングには「何世紀も前から口伝えで受け継がれてきた長い歴史があります」とエレナー・ロザモンド・バラクロウ氏は言う。「事実と虚構を区別するのは容易ではありません」。写真はノルウェーの湖に浮かぶバイキング船のレプリカ。(PHOTOGRAPH BY JIM RICHARDSON, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 氷に覆われた北の荒野で、王や戦士、ドラゴン、トロルたちが活躍するTVシリーズ『ヴァイキング〜海の覇者たち〜』や『ゲーム・オブ・スローンズ』などでは、ドラマチックで多分に暴力的な物語が繰り広げられる。こうしたTVドラマの発想の元となっているのが、「サガ」と呼ばれるアイスランドの古い物語だ。歴史家のエレナー・ロザモンド・バラクロウ氏は、最新の著書『Beyond the Northlands: Viking Voyages and the Old Norse Sagas(北欧の向こうへ:バイキングの航海と古代北欧サガ)』において、サガの世界を探究し、虚構の中に隠れた事実を探り出すことで、バイキング、すなわち中世のスカンジナビアのノース人がただレイプや略奪を繰り返していただけの人々ではないこと示してみせた。

 英ダラム在住の著者に話を聞いた。

[画像のクリックで拡大表示]

――あなたは著書の中で、「バイキングはこれまで、常に中世の問題児であると言われてきた」と書かれています。この偏見は見直されるべきということでしょうか。

 バイキングが中世における問題児であるとの認識の起源は、まさしく中世にあります。バイキングが最初に大規模な襲撃を行ったのは793年、場所は、新約聖書の有名な写本である「リンディスファーンの福音書」が書かれた今の英国北部の島、リンディスファーン島でした。しかしここで重要なのは、我々がこの事実をどうやって知ったのかです。情報の出典は『アングロ・サクソン年代記』ですが、これは襲撃から100年後、バイキングを退けたアルフレッド大王の時代に書かれた英国最古の歴史書です。

 リンディスファーン島の襲撃とほぼ同じ頃、西ヨーロッパを支配していた大国フランク王国のカール大帝の宮廷にいたアルクィンという名の信心深いアングロ・サクソン人聖職者が、リンディスファーンの大修道院長宛にこんな手紙を送っています。「恐怖がこのように我々の海岸に現れたことはかつてなかった。『北から悪が起こる』という預言者の言葉を忘れるなかれ」。つまり、侵略者であるバイキングは、犯した罪に対する神の罰であるとの認識が当初から存在していたわけです。(参考記事:「千年前のバイキングが埋めたお宝が出土、英国」

「バイキング」と口にするとき、我々は中世の北欧にいた人々を想像します。しかし、バイキングとはそもそもは「襲撃者」を意味し、つまりは職名です。バイキングの時代に北欧に住んでいた人々が襲撃や略奪を行ったのは確かですが、彼らがしたことはそれだけではありません。彼らは遠くまで旅をしました。北大西洋、スコットランド諸島の一部、アイスランドに入植しました。北欧の極地方やロシアの川や水路へも進出しました。グリーンランドに500年間続く植民地を作り、はるか北米の端にまでたどり着きました。(参考記事:「氷に覆われてるのに「グリーンランド」、なぜ?」

【動画】バイキングの秘密のレシピ:腐敗したニシオンデンザメを使った料理を食べるアイスランドの人々。その起源はバイキング時代に遡る。(説明は英語です)

――コロンブスはアメリカを「発見した」人物として賞賛されています。しかし北欧に伝わる「ヴィンランド・サガ」を見ると、アメリカ人は「コロンブス・デー」ではなくむしろ「赤毛のエイリーク・デー」という祝日を作るべきなのではという気がしてきます。

 祝日を作るなら、赤毛のエイリークの息子であるレイフ・エリクソンにまつわる「幸運なるレイフの日」の方がふさわしいかもしれません(笑)。985年頃にグリーンランドに最初に入植したのは、赤毛のエイリークでした。我々がこれを知ることができるのは、1つには「ヴィンランド・サガ」のおかげです。「ヴィンランド・サガ」とは、「赤毛のエイリークのサガ」と「グリーンランド人のサガ」という、アイスランドに伝わるふたつのサガを指します。これらのサガはノース・グリーンランド人、つまり赤毛のエイリークの一世代後の人々が、どのようにグリーンランドを出航して北米の端にたどり着いたかを知る最も重要な文献です。彼らはまず今のカナダ北東部の北極海に浮かぶバフィン島に、続いてより南東のラブラドル半島に着き、ここを「マルクランド(森の土地)」と名付けました。そして最後に、カナダ東部のニューファンドランド島にまで南下するのです。(参考記事:「コロンブスに勝てなかった“新大陸発見者”とは?」

 しかし1960年代以前までは、この「ヴィンランド・サガ」が、こうした航海について我々が知る上での唯一の情報源でした。これが本当に起こったことなのかどうかさえ、誰も確信が持てなかったのです。そして60年代、ニューファンドランド島の北端に位置するランス・オ・メドーで行われた発掘調査により、ノース人がここに確かにやってきたという明確な証拠が発見されました。彼らが入植者であったとは断言はしません。ここには細長い家屋がありましたが、住居というよりは越冬のための建物のようで、そこで船を直して、さらに南へ向かったのではないかと見られています。航海には女性も同行していました。あるサガには女性がそこで子供を産んだとあり、つまり彼女は北米大陸で出産をした最初の欧州人女性ということになります。(参考記事:「バイキングと北米先住民」

 興味深いのは、考古学的証拠が発見されるよりも前から、米国人が北米のバイキングの遺跡に強い関心を寄せていたということです。19世紀末頃には、冒険小説に登場するような体の大きなノース人が、船で海を越えてやってくる姿を描いた絵画がたくさん制作されました。一方で、作り話や捏造品も数多く登場しました。歴史的な事実が見つからないのなら、創作してしまえというわけです。バイキングが使っていたルーン文字が刻まれた偽の石碑がミネソタ州の遺跡から掘り出されたり、偽の武器が見つかったりしたこともありました。中でも偽古地図の「ヴィンランド・マップ」は有名です。(参考記事:「バイキングの遺跡、カナダ東部の島で発見」

次ページ:「サガ」は歴史的事実?それとも作り話?