【動画】交尾めぐりユキウサギが高速連打の応酬

まるでボクシングのような「メス対オス」のバトル、英スコットランド

2017.01.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】ボクシングの試合:求愛相手にパンチを食らわせるメスのノウサギ。

 英国スコットランドの雪原で殴りあいを繰り広げる3匹のユキウサギ(ノウサギの仲間)。一見、1匹のメスをめぐって2匹のオスが争っているようにも見えるが、ことはそう単純ではない。

「睾丸が見えないので、判断は難しいですが――こうした行動はたいていの場合、オスの交尾の誘いをメスが拒否しているところです」。米フロリダ州にあるマイアミ大学の生物学者、ダナ・クレンペルズ氏はそう語る。「おそらくこの場にいるのは2匹のオスと1匹のメスで、それぞれのオスがメスの気を引こうとしているのではないかと思います」(参考記事:「【動画】ペンギンの夫と愛人の熾烈な戦い」

 ノウサギは通常、オス同士で争うことはない。オスのけんか相手はたいていメスで、その内容も他種のウサギに見られる激しい争いと比べるとかなり穏やかだ。(参考記事:「危険なデート、動物たちの過激な愛の形」

 先日YouTubeにアップされた先の動画についてクレンペルズ氏は、ここに映っているメスのノウサギは、自分がまだ交尾の準備が整っていないため、オスを追い払おうとしているのかもしれないと述べている。ノウサギは普通、春から夏にかけて交尾をする。秋になるとオスの睾丸は体内へ引っ込み、オスは交尾への興味を失う。しかし冬至からしばらくした頃に睾丸が降りてくる場合があり、そうした個体は春がまだ遠い時期に交尾をしようとする。(参考記事:「2016年に話題を集めた動物の動画トップ10」

【動画】ボクシングをするヤブノウサギ

 ところがその一方で、クレンペルズ氏によると、このメスが交尾に乗り気である可能性もあるという。メスはオスが子作りの相手としてふさわしいかどうかを試しているのかもしれない。

「メスは実は興味があるのに、単にオスの気概を試したり、相手がどれだけ強いのかを確認したりすることもあります。ですから、こうした行動が常に完全な拒否を示しているとは限りません」(参考記事:「マウスのオスは涙を武器にメスと交尾」

メスは出産の1分後にもまた交尾

「もし撮影者がもっと長くカメラを回していたら、2匹のオスのどちらかとメスがうまくいったところが見られたかもしれませんが、本当のところはわかりません」(参考記事:「モテないオスにもチャンスあり、カエル研究で判明」

 オスを試すのは、メスにとってはごく普通の行動だ。メスはいつでも妊娠する。これはウサギが交尾排卵動物――つまり交尾をすると排卵が始まる動物であるためだ。(参考記事:「ウサギはなぜうんちを食べるのか」

 結果として、「交尾をすれば、メスはほぼ確実に妊娠」するとクレンペルズ氏は言う(氏はさらに「人間の体が同じ仕組みでなくて、本当に、本当によかったと思います」と付け加えている)。

「しかもメスが産気づくやいなや、オスはすぐに近寄ってきて、子供が出てくるのを待ち構えます」

「そして冗談でもなんでもなく、メスが子供を産んだ1分後には、オスはまたメスの上に乗り、メスはそれを受けいれて再び妊娠するのです」

「メスの一生は過酷です」

文=Becky Little/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加