オピオイド依存に悩む米国、貝の毒で新薬開発へ

鎮痛剤乱用で大統領が非常事態宣言、1000万ドル近い助成金

2017.12.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】毒を注入し、魚を丸のみにするイモガイ(解説は英語です)

 医薬品研究の次なるフロンティアは、海の中にあるかもしれない。

 米国のドナルド・トランプ大統領は、オピオイド系鎮痛剤への依存症が国内で蔓延している問題で、国家公衆衛生の非常事態を宣言した。2017年11月には、大統領顧問のケリーアン・コンウェイ氏を対策部長に任命し、自らの給料の一部を拠出して対策費に充てると発表した。また、国防総省から1000万ドル近い助成金を得て、ユタ大学健康学部の研究チームが新薬の開発に加わった。

 チームが目を付けたのは、毒を持つ海洋生物のイモガイだ。

「目標は、オピオイドを使わない鎮痛薬の可能性を探ることです」と、研究に携わる生物学者のトト・オリベラ氏は述べている。 「選択肢は、あればあるほどいいと思っています」

海の生物がもつ毒に期待

 捕食性の貝の仲間であるイモガイには数百もの種が存在し、毒性は種によって異なる。この研究では、6種のイモガイを含むConus asprellaという亜属に焦点を当てている。イモガイは獲物を狙う際、銛のような形をした歯を使って、体を麻痺させる毒を魚に注入する。そして、しばらくの間相手が毒にどのように反応するかを見守ってから、再び毒を撃ち込んで獲物を丸のみにする。(参考記事:「インスリンを毒に使う貝を発見」

 この毒から、人間に対して中毒性のない麻酔成分を取り出して利用できれば、オピオイド対策は一歩前進すると期待されている。

 研究チームは、毒の成分を知るため、イモガイの生態や行動についても研究している。「小さいイモガイなら、触れたときに痛みやしびれを感じることはあるかもしれませんが、ほとんどの場合緊急事態に発展することはありません」。海の中で人間がConus asprellaに刺されても、大した影響はない。しかし、毒素をうまく調整できるようになれば、新薬の開発につながる可能性がある。

 さらなるデータを集めたら、チームは有望と思われる毒成分を全て特定し、それらを合成して処方薬を作る方法を研究する。2017年2月には、オリベラ氏の関係していた別の研究で、カンムリイモ(Conus regius)の毒が有効な鎮痛薬となる可能性が示された。

【動画】イモガイの毒
おとなしそうに見えるイモガイだが、危険な毒をもっている(解説は英語です)

次ページ:米国ではオピオイド過剰摂取で1日当たり91人が死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加