超深海に新種の魚、ゾウ1600頭分の水圧に耐える

生存できる限界の深さ?マリアナ海溝の水深8000メートルで

2017.12.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】水深8000メートルの海底で見つかった深海魚。ゾウ1600頭分の水圧に耐えられる。(解説は英語です)

 淡いピンク色をした15~20センチのかわいらしい魚。体は半透明で、外から内臓が見えるほどだ。

 11月28日、この魚が正式に論文に記載され、世界で最も新しく、かつ最も深海にすむ魚となった。クサウオの一種で学名をPseudoliparis swireiといい、小ぶりの不思議な姿をしている。水深7966メートルのマリアナ海溝で採取された。(参考記事:「【動画】幽霊のような深海魚を発見、おそらく新種」

 この生物は「超深海層」と呼ばれる暗く冷たい海域にいる。2014年に初めて目撃され、2017年初めにも再び確認されたが、このたびようやく新種記載となった。地球上で最も深い海は水深1万1000メートルと、この魚が見つかった場所よりさらに3000メートル以上も深いが、今回の魚よりも深いところにすむ魚が見つかる可能性は低いと科学者らは考えている。

 海の最深部では巨大な水圧がかかるからだ。水深が約8200メートルよりも深くなると、高い水圧によってタンパク質の安定を失い、魚が化学的に耐えられない可能性があるという。

クサウオの骨格が分かるCT画像。現時点で学名の付いている魚類のうち、最も深い海で生きている種。(PHOTOGRAPH BY ADAM SUMMERS, FRIDAY HARBOR LAB, UNIVERSITY OF WASHINGTON)
[画像のクリックで拡大表示]

 有孔虫、十脚目の奇妙なエビ、ナマコ、微生物など、深海でも多種多様な生物が繁栄している。しかし、これまで最深部で魚が採取された例はない。2014 年の時点で、太平洋の5つの海溝における最深部に14回にわたってエサを取り付けたカメラトラップを仕掛けたが、魚の姿をとらえた記録はなかった。(参考記事:「【動画】幻の「顔なし」深海魚を発見、貴重映像」

 米ワシントン大学フライデー・ハーバー研究所の博士研究員、マッケンジー・ゲリンガー氏は、「このような海溝では、生命にとって大きな制約があります」と言う。クサウオはゾウ1600頭分に相当する水圧に耐えられると考えられる。「これだけの圧力に耐えられるように適応し、酵素を働かせ、膜組織を動かし続けているのです」

 もちろん、いつの日か認識が覆される可能性があることは研究者も承知している。

極めて高い圧力がかかる深海

 今回見つかった新種の学名Pseudoliparis swireiは、1870年代に探検航海を行った英国の調査船HMSチャレンジャー号の士官にちなんでいる。この航海で数千もの新たな海洋生物が発見され、マリアナ海溝の発見につながった。同船の士官だった航海士、ハーバート・スワイア中尉による航海中の日誌が後に出版されている。「彼の名を取ったのは、海洋調査船で働く乗組員に謝意を表すためです」とゲリンガー氏は話す。「船が航行を続けるにはたくさんの人が必要です。こうした人たちに深く感謝したかったのです」(参考記事:「夢に出てきそう? 不気味な深海のモンスター」

次ページ:ダンゴムシのような甲殻類を食べていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加