石を磨いたら3500年前の超細密彫刻が現れた

古代ギリシャの戦士の墓から出土、「理解しがたい細かさ」と研究者

2017.11.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1年近くかけて磨き上げられた石「ピュロスの戦い」。幅は約3.5センチ。(COURTESY THE DEPARTMENT OF CLASSICS, UNIVERSITY OF CINCINNATI)
[画像のクリックで拡大表示]

 古代の戦士の墓から見つかった石。そこにこびりついた数千年分の石灰や汚れを落としてみると、驚くほど見事な彫刻作品が現れた。

 幅わずか3.5センチの瑪瑙(めのう)の石が初めて発見されたのは、2015年のこと。ギリシャ南西部で、3500年前の青銅器時代の墓から1400点もの副葬品が出土。この石はそのなかの一つで、当時は単なる石の玉という程度にしか考えられていなかった。

 墓の発見自体、注目に値するものだった。状態の良い人骨が葬られており、「グリフィンの戦士」と名付けられた。一緒に埋葬されていた飾り板に、頭と翼がワシ、胴体はライオンという想像上の生物グリフィンの姿が描かれていたためだ。その他の副葬品には、黄金の印章指輪や青銅の剣なども含まれていた。今回の石も回収されていたものの、保管庫に放置されたままになっていた。(参考記事:「写真で見る古代の文化と副葬品14選」

 ところがその後、定期的な管理作業として石を磨いていたところ、彫刻らしきものが現れた。そこで米シンシナティ大学の研究者が1年近くかけて石を磨き上げた結果、ついにその表面に彫られた芸術作品が明らかになった。この詳細は、他の副葬品の調査結果とともにギリシャ考古学の専門誌「Hesperia」に発表された。

「実際にこの目で見てみると、とても感動的です。見るたびに涙が出ます」と、ストッカー氏は語る。

精巧に彫られた戦いの場面

 肉眼では細かいところまでは見えにくく、顕微鏡カメラが必要だ。なかには、彫り目がわずか0.5ミリ幅しかない部分もある。これほどの細かい作業は拡大鏡がなければ困難ではないかと思われるが、ストッカー氏によれば、この時代の拡大鏡はまだ発見されたことがないという。

「理解しがたい細かさ」と、シンシナティ大学のジャック・デービス教授はプレスリリースに書いている。

 さらに、デービス氏はあるインタビューで、これほど精緻な芸術作品はこの時代からさらに1000年経たなければ登場しないとも付け加えている。「ほかの芸術作品とは雲泥の差があります」

 石に施された彫刻は、敵をひとり倒した戦士が剣を振り上げ、別の敵の首に突き刺そうとしている場面を描いている。人間の筋肉のひとつひとつまでもが見事に表現されており、ギリシャの叙事詩「イリアス」や「オデュッセイア」を彷彿させる壮大な場面である。石は「ピュロスの戦い」と名付けられた。発掘リーダーのひとりであるシャリ・ストッカー氏は、宝飾品の一部に使われていたのではないかと考えている。(参考記事:「2500年前のギリシャ船 シチリア沿岸から引き揚げられる」

次ページ:石に彫られた3人を描きおこしたスケッチ/墓の主、戦士の人物像は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加