動物の大量死で何が起こる?イノシシ3トンで実験

集まるハゲワシ、うごめく虫に負けずデータ収集

2017.09.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】大量死が生態系にどんな影響を与えるかを実験した。ウジの大集団も写っていますので閲覧はご注意ください。(解説は英語です)

 自然界では、生き物が大量に死ぬことがある。いわゆる「大量死」だ。

 カザフスタンでは、サイガという偶蹄類が数週間で20万頭以上死んだことがあるし、チリ南部の入り江では、死んだクジラ337頭が打ち上げられたことがある。ノルウェーでは、300頭ものトナカイが1回の落雷で命を奪われた。(参考記事:「絶滅危惧種サイガが大量死、生息数が半減」「落雷でトナカイ300頭以上が大量死、ノルウェー」

 いずれも、2015年以降の出来事であり、気候変動によって大量死の頻度が増している可能性も指摘されている。(参考記事:「動物の大量死が増加、過去70年の傾向を調査」

「大量死は、生態学的なカオスを生み出す大事件です」と、米テキサスA&M大学の昆虫学者、ジェフリー・トンバーリン氏は話す。しかし、「環境にどう影響しているのかはまったく不明」だという。

 問題は、大量死が予測できないことだ。いったん起こったら、科学者たちは時間をさかのぼることはできない。発生前の状態を測定していれば、動物の死体の山が突然現れたことで生態系がどのくらい変化したか正確に報告できるだろう。しかし、そんなことは不可能だ。

 そこで、米ミシシッピ州立大学のブランドン・バートン氏らのチームとトンバーリン氏は考えた。「大量死の発生を予測できないなら、起こしてみよう」と。

 そうなると、膨大な数の死んだ動物が必要だ。現在、ミシシッピ州を含め米国の多くの地域が野生動物による被害に手を焼いている。幸運なことに、ミシシッピ州立大学の研究者マーカス・ラシュリー氏には、そうした州と連邦政府機関の職員にコネクションがあった。

 彼らとの数回のやり取りの後、死んだイノシシが運び込まれ始めた。(参考記事:「食べ物を洗う、グルメなイノシシが見つかる」

イノシシの山をどこに置くか

 計画ではまず、20メートル四方の区画を複数作る。そこにイノシシの死骸をそれぞれ数を変えて配置、土壌の化学的性質や微生物からハゲワシ、コヨーテまで、実験前後のあらゆるデータを収集するというものだった。

 しかし、イノシシを集めた研究チームは、別の問題に頭を悩ませることになった。実際の実験をどこですればいいのかという点だ。「重さ1トンを超す死骸を自分の土地に置かせてくれて、腐敗していくのを観察させてくれる人などいませんから」と、ラシュリー氏は言う。

 そんな時、たまたま大学の事務部からラシュリー氏にメールが届いた。大学所有の森林を研究に活用するよう、研究者たちに促す内容だった。ラシュリー氏は、イノシシを使った実験の提案を返信。ミシシッピ州立大学の研究副部長ウェス・バーガー氏は「ちょっと珍しい要望でした」と話すが、大学はゴーサインを出した。

 2016年7月の初めまでに、チームは約1.8トンのイノシシの死骸を集め、基準となるデータを実験開始前に収集し、準備を整えた。その時、電話が再び鳴った。「『死んだイノシシが1トンいるから、あげる。言葉のあやじゃなくて本当に1トンだよ』という。まさかこんなに興奮する電話があるとはね」とバートン氏は言う。

 そこでチームは、0.9トンのイノシシを新たに実験計画に追加。7月5日、仲間の手も借りてイノシシの死骸2.7トンを実験区画に運び、放置して腐敗するに任せた。

次ページ:ウジ虫が川のように

  • このエントリーをはてなブックマークに追加