鶏に乱用の抗生物質、耐性菌の温床と識者が警告

目的は「成長促進」、米では人間の4倍を家畜に投与、その実態と展望を聞く

2017.09.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
抗生物質が最初に与えられた家畜は鶏だった。薬として人に処方されるよりも多くの量の抗生物質が動物に与えられている。しかも、その目的は成長を促すためだ。(PHOTOGRAPH BY SCOTT OLSON, GETTY)
[画像のクリックで拡大表示]

 毎年、世界で推定6億人(およそ10人に1人)が大腸菌やサルモネラ菌などによる食中毒に感染している。特に、5歳未満の子どもの死亡率が高い。食中毒のほとんどは、抗生物質の効かない細菌が原因で、その多くが大量生産される鶏肉によってもたらされていると警告するのは、このほどナショナル ジオグラフィックから出版された『Big Chicken』の著者マリン・マッケナ氏だ。

 米国ジョージア州アセンズ在住のマッケナ氏に、抗生物質がどのように使われているのか、その実態について電話で話を聞いた。

COURTESY NATIONAL GEOGRAPHIC
[画像のクリックで拡大表示]

――著書の中で、抗生物質に対する耐性を「時間をかけてじわじわと進行する現代社会最大の健康危機」と表現していますが、世界ではどのような状況なのでしょうか。そして、食品製造がその中心にあるとはどういうことでしょうか。

 抗生物質と言えば、一般には医療の現場で使われるものという認識がありますから、食品の製造にもそれが使われていると聞いて驚く人は多いでしょう。けれども、実は地球上で最も抗生物質が使われているのは、人間ではなく食用動物に対してです。

 米国では、年間1万5400トン以上の抗生物質が、食用動物へ使用されています。これは、人間が使う量の4倍にもなります。そして、そのほとんどは感染症治療が目的ではなく、体重を増やすためのいわゆる「成長促進」に使われているのです。

 動物たちの飼料や飲料水には、ほぼ毎日のように抗生物質が混ぜられています。その結果、動物の体内で抗生物質に耐性を持った菌が生まれます。この耐性菌は、解体処理場へ運ばれる動物たちと一緒に飼育場を離れて外の世界へ出て行きます。そして、人の治療で抗生物質を多用して生じた耐性菌と同じように、人間に感染します。感染症が発症する頃には、菌が元々発生した場所から遠く離れ、時間も経過しているため、飼育場で使われる抗生物質と人間の耐性菌の感染との関連がわかるまでに長いことかかってしまったのです。けれども今では、両者が直接つながっているという明らかな証拠があります。(参考記事:「薬剤耐性菌の感染拡大、世界で脅威に」

――抗生物質が米国で広く使われるようになったきっかけは、1948年、トーマス・ジュークスという人物によってですが、彼の実験と、それがどのように養鶏業界に革命を起こしたのかについて、教えてください。

 ジュークスは、食肉用の鶏に与える飼料を研究していました。その頃、鶏の飼料には合成されたビタミン剤が加えられるようになっていました。製薬会社で働いていたジュークスは、ビール酵母や肝油、麦芽粕などのサプリメントを飼料に混ぜて、どれが最も効果を表すか実験してみようと考えました。また、勤務先の会社が初めて製造した抗生物質のひとつであるクロルテトラサイクリンの残りも試してみることにしました。1948年12月25日に実験を終えると、サプリメントを与えられた鶏は全て体重がある程度増えていたのですが、どのサプリメントよりもはるかに多く体重を増やしたのは、抗生物質を与えられた鶏でした。そこから、新たな産業がまるごとひとつ誕生したのです。

次ページ:反対運動は英国から始まった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加