有名なバイキング戦士、実は女性だった

武器と馬を副葬した理想的な墓、遺骨のDNAを解析

2017.09.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
兜、鎖かたびらを身に着け、恐るべきバイキングの姿を再現する人々。(PHOTOGRAPH BY DAVID GUTTENFELDER, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 今から1000年以上前、現在のスウェーデン南東部にあたるビルカという都市で、裕福なバイキングの戦士が葬られた。立派な墓には、剣と矢じりが添えられ、2頭の馬も一緒に埋葬されていた。バイキングの男にとって理想的な墓である……たいていの考古学者はそう考えていた。

 ところが、研究者が遺骨のDNAを解析したところ、予想外の事実が確認された。墓の主は、女性だったのだ。

 研究結果は、9月8日付け学術誌「American Journal of Physical Anthropology」に掲載された。ヨーロッパ全土で何百年にもわたって交易と奇襲を行ってきた中世の船乗り、バイキングのありようについて、考古学者の間に驚きが広がっている。

「これまでビルカの墓は、バイキングの男性戦士の『理想』の墓と考えられていました」と、米ベイラー大学の考古学者デービッド・ゾーリ氏は話す。「この研究結果は、考古学的解釈の核心に触れるものです。つまり我々は常に、性別による役割分担について自分たちの解釈を当てはめてきたということです」。ゾーリ氏は今回の研究には関わっていない。

ポーランド、ヴォリンの祭り。手に手に槍や剣を持ち、バイキングやスラブの戦士にふんした人々が当時の戦闘を再現する。当初、小規模だったバイキングの襲撃部隊はやがて軍隊ほどの規模になり、ヨーロッパの広い範囲を征服した。(PHOTOGRAPH BY DAVID GUTTENFELDER, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 バイキングの伝承は、戦士が男性だけではなかったことを以前から示唆していた。10世紀初めのアイルランドの文献には、インゲン・ルーア(赤い娘)という女性戦士が、バイキングの船隊をアイルランドへと導いたとある。またゾーリ氏は、13世紀の「ボルスンガ・サガ」を含むバイキングの物語の多くに、男性戦士と共に戦う「盾を持った乙女」が登場すると指摘している。(参考記事:「バイキング、知られざるその壮大な歴史」

 だが、こうした女性戦士の記述は単なる神話的脚色だと考える考古学者もいた。現代で期待される男女の役割を反映したバイキング観ということだ。

長年、男性と考えられてきた戦士

 1880年代の終わりに発掘されて以来、考古学者たちはこのような固定観念にもとづいて「ビルカの戦士」の遺骨を見てきた。教科書には、この墓は男性のものと記された。しかし、骨そのものからそれがわかったわけではない。遺骨は剣、矢じり、槍、そして殉葬の馬2頭と共に見つかったため、考古学者はこれを戦士の、つまり男性の墓だと考えたのだ。(参考記事:「千年前のバイキングが埋めたお宝が出土、英国」

 ナショナル ジオグラフィック2017年3月号のバイキング特集で報じた通り、スウェーデン、ストックホルム大学の生物考古学者アンナ・シェルシュトレーム氏は、その推定を覆した。同氏は、遺骨の骨盤と下顎を初めて詳しく分析。女性に典型的な寸法と一致するという結果が出た。(参考記事:「2017年3月号特集 バイキング 大海の覇者の素顔」

 シェルシュトレーム氏の分析結果は、2014年に学会で発表され、2016年に学術誌に掲載された。だが一般の反響はそれほどでもなく、一部の考古学者から批判を受けた。墓地の発掘は100年以上前に行われたため、ラベルが誤って付けられたのではないか、別人の骨が混ざっているのではないか、といったものだ。

 そこで、スウェーデン、ウプサラ大学の考古学者シャーロット・ヘデンスティーナ=ジョンソン氏の研究チームは、骨の調査に立ち返り、2種類のDNAを取り出した。被葬者のミトコンドリアDNAは母から子に受け継がれるため、遺骨が1人だけのものか、数人分か判定できるはずだ。そして核DNAの断片が、「戦士」の生物学的性別を明らかにするはずと考えたのだ。

次ページ:遺骨のDNAから明らかになったのは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加