没後20年、写真が語る故ダイアナ妃の生涯

「世界で最も多く写真に撮られた女性」の少女時代から結婚式まで

2017.08.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1970年秋、イングランド東部にある寄宿学校、リドルズワース・ホールへの入学準備中に、トランクに座るダイアナ。家を離れることにひどく取り乱し、父に「私を愛しているなら、ここに置いては行かないはず」と訴えた。(PHOTOGRAPH BY (SPEN/AL), CAMERA PRESS, REDUX)
[画像のクリックで拡大表示]

 死から20年経った今もなお、ダイアナ妃が残したものは決して忘れられていない。

 1981年、レディー・ダイアナ・スペンサーと呼ばれた女性が英国のチャールズ皇太子と結婚し、プリンセス・オブ・ウェールズとなって世界中の注目を集めた。以来、彼女は高い人気を誇っている。ウェディングドレスから、息子であるウィリアム王子、ハリー王子との心温まる時間まで、ダイアナ妃を象徴する写真は世界中の人々の心をとらえ続けている。1997年の早すぎる死の後でも、それは変わらない。(参考記事:「時代を表すドレス、英王室ウェディング」

「国民のプリンセス」と愛着を込めて記憶される通り、慈善活動も彼女が残した大きな遺産のひとつだ。プリンセス・オブ・ウェールズの称号を持つダイアナ妃は、世界各国の慈善団体と共に幅広く活動。自身の知名度を使い、エイズ、ホームレス、地雷による土地の荒廃に関する啓発など、数々の運動への関心を高めた。

 その死からもうすぐ20年を迎えるのを前に、カメラがとらえた注目すべき瞬間をいくつか振り返ってみよう。イングランド中部のオルソープ邸で過ごした少女時代から、アンゴラの地雷原へ画期的な訪問を行った1997年まで、世界で最も多く写真に撮られた女性の1人であるダイアナ妃の人生をたどれる記録だ。(参考記事:「写真アーカイブ:1953年の戴冠式」

次ページ:【フォトギャラリー】写真が語る故ダイアナ妃の生涯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加