ティラノサウルスから走って逃げることは可能

恐竜映画のシーンほど速くなかった、新研究で判明

2017.07.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ティラノサウルス・レックスは、多くの人が思っているほど俊足ではなかった。(PHOTOGRAPH BY CORBIN17, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 恐竜の王様ティラノサウルス・レックスは、広く一般に信じられているほど俊足ではなかったことが、コンピューター・モデルを使った最新の研究で明らかになった。それどころか、せいぜい人間が走る速さが精いっぱいだったという。英マンチェスター大学の古生物学者ウィリアム・セラーズ氏らの研究チームが、オンライン学術誌「PeerJ」に7月18日付で発表した。

 ティラノサウルスの最高速度は、長いこと古生物学者の間で論争の的となってきた。これまでの推定では、時速18キロから54キロまでばらつきがあった。

 世界最速の人間の時速は約37キロなので、仮にこの人間とティラノサウルスが競走をすれば、ティラノサウルスが勝つ可能性はある。

 だが、セラーズ氏の研究チームがより幅広い情報を集めて計算し直したところ、ティラノサウルスの走る速さは最高でも27キロ前後という結果が出た。それ以上になると、足の骨が粉々に砕けてしまっただろうという。

われわれが思うほど速くない

 かつての古生物学者たちは、ティラノサウルスの骨格の一部分だけを指して、ティラノサウルスの足は速かった、いや遅かったと主張してきた。例えば、ティラノサウルスの脚とダチョウの脚を表面的に比較して、体長12メートルのティラノサウルスもダチョウのように足が速かったに違いないと結論付けた。

 しかし、より複雑な生体力学モデルが発達した今では、かなり精度の高い計算結果を導き出すことが可能になっている。(参考記事:「骨の化石を切れば、ここまでわかる」

「全体像をつかむべきです。形態学的な点だけを見て結論にたどり着くことはできません」と、ロンドンにある王立獣医カレッジの進化バイオメカニクス専門家ジョン・ハッチンソン氏はいう。同氏は、今回の研究には参加していない。(参考記事:「ティラノサウルスはなぜ「うろこ肌」だったのか」

 セラーズ氏の研究チームは、ティラノサウルスの約7トンという体重と骨の力学的性質を合わせた新しいモデルを開発した。このモデルで新たに考慮された要素のひとつは、骨にかかる応力である。骨は、走っている時にある程度までの負荷には耐えられるが、それを超えると砕けてしまう。

 つまり、セラーズ氏が論文の中で書いているように、ティラノサウルスは白亜紀の恐竜たちの中ではどちらかというと優秀なアスリートというわけではなかったのだ。(参考記事:「最大の動物が最速でないのはなぜ? 新たな計算式」

【参考動画】恐竜と鳥の共通点
鳥と恐竜には、抱卵や巣作りなど共通の行動が見られることがわかっている。ナショナル ジオグラフィック協会の支援を受けている古生物学者ジャック・ホーナー氏によると、恐竜の求愛行動もまた、現代の鳥のそれに似ていたという(解説は英語です)。

 ただし、これは古生物学者たちにとって、取り立てて驚く結果ではない。

「映画に描かれているティラノサウルスは誤りです」と、今回の研究には参加していない英エジンバラ大学の古生物学者スティーブン・ブルサッテ氏はいう。「古生物学者は、このことに既に10年以上前から気づいています。今回の研究は、これまでで最も洗練されたコンピューター・モデルを使って、それを裏付けたのです」

 しかし、ティラノサウルスのような「セレブ恐竜」の威厳を損ねるようなことは、何であれ恐竜ファンが見過ごさないだろうと、ハッチンソン氏はいう。「ティラノサウルスは速くなければならない。そうでないとかっこよくない。人々は、これに関して特別な思い入れを持っているのです」(参考記事:「ティラノサウルスはこんな顔だった、最新報告」

 ブルサッテ氏も同意し、今回の研究は恐竜ファンお気に入りの映画のワンシーンに疑問を投げかけるものでもあると付け加えた。

「映画『ジュラシックパーク』の中でティラノサウルスがジープを追いかけるシーンがありますが、あのジープが高速で逃げているとすればありえない話です。ギアが1速に入っているのであれば別ですが、それでもかなり怪しいでしょう」(参考記事:「T・レックス、映画と実際の姿の違い」

別冊『恐竜がいた地球 2億5000万年の旅にGO!』

約2億5000万年前から6500万年前に当たる中生代。この「恐竜の時代」には、ほ乳類や、鳥類など多様な生き物もいました。本書では、そんな「進化の爆発」が起こったような時代の地球の姿を、三畳紀、ジュラ紀、白亜紀という時代区分に沿って解説します。

ナショナル ジオグラフィック 編
283mm×195mm、128ページ
定価:本体1,400円+税

ナショジオストア アマゾン

文=Shaena Montanari/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加