犬の食肉処理に初の違法判決、韓国

「食用にするのは犬を殺す合法的な理由と言えない」

2018.07.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年に、動物愛護活動家がソウル郊外にある養犬場へ救出に入った際、ケージに入れられていた犬たち。韓国では若い世代を中心に、犬は家畜ではなくペットという考え方が広まり、犬食の文化が衰退しつつある。(PHOTOGRAPH BY JUNG YEON-JE, AFP/GETTY)
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国の裁判所が、食肉用に犬を処理するのは違法であるとの判決を下した。韓国でこのような判決が出るのは初めて。

 犬肉産業の違法化に向けた第一歩ではあるが、今回は食肉処理だけを違法としたのであって、犬を食べること自体が禁止されたわけではない。(参考記事:「台湾、犬肉や猫肉の消費に罰金、アジア初」

 米ワシントンD.C.にある動物保護団体アニマル・ウェルフェア・インスティテュートによると、韓国では1年間に推定200万匹の犬が食用に処理され、10万トンの犬肉を消費している。動物保護団体ヒューメイン・ソサイエティ・インターナショナルは、世界的には3000万匹の犬が食用に供されていると推定している。東アジアの一部では、昔から犬は当たり前のように食べられてきた。(参考記事:「犬肉祭り」が中国で開催、食用に1万匹とも」

 今回の判決は、2017年、動物の権利保護団体コエグジスタンス・オブ・アニマル・ライツ・オン・アース(CARE)が、「適切な理由なしに動物を殺している」として韓国富川(プチョン)市の養犬業者を訴えた裁判で示された。判決は今年4月に出されていたが、その詳細が6月末まで明らかにされなかったため、あまり広く知られていなかった。

 AFP通信によると、富川の裁判所はCAREの訴えを認め、食用にするのは犬を殺す合法的な理由とは言えず、さらに養犬場を取り締まる目的で自治体が課した建物および衛生管理規制にも違反しているとして、この養犬業者に対して300万ウォンの罰金を言い渡した。業者は、控訴権を放棄した。

「食肉用に犬を処理することは違法であるとの判断を裁判所が示したのはこれが初めてであり、大変重要な判決です」。CAREの弁護士を務めるキム・キョンウン氏は、英ガーディアン紙にそう語った。

【動画】(閲覧注意)中国の玉林市では犬肉の販売が禁止されようとしているが、今でも祭り会場では犬肉が売られている。動物の権利を保護する活動家による衝撃の潜入動画。(解説は英語です)。

 しかし、養犬場や犬肉処理場の経営者たちは、この判決に抗議している。英デイリー・メール紙によると、業者は政府に対し、犬食を禁止するのではなく合法化し、犬肉処理場へ免許を発行するよう求めているという。

「牛、豚、鶏、それにあひるだって、全部食べるために育てているじゃないですか。なぜ犬はだめなんです」。養犬業者を代表するチョ・ホワンロ氏は、テレビでそう訴えた。(参考記事:「年間140万頭、豪のカンガルー猟は是か非か」

 韓国でも、犬は食べ物ではなくペットという見方が広まり、犬を食べたがらない若者が多い。しかし、昔からある犬食文化を全面的に禁止すべきだと考えている韓国人は半分以下だ。(参考記事:「開発が進む人造肉、地産地消で支持は得られるか」

 活動家団体は、韓国で食用として処理される犬が虐待されている画像や動画を公開している。CAREは、食肉用の養犬業者を相手取り、さらに多くの訴訟を韓国の裁判所に起こす予定であると、ガーディアンに語った。

 韓国与党「共に民主党」の議員は6月末、国内にある1万7000ほどの養犬場が、食用に犬を処理できないようにする法案を国会へ提出した。

【動画】養犬場から救出され、里親を待つ犬たち
2015年1月6日。ヒューメイン・ソサイエティ・インターナショナルは、ソウル郊外の養犬業者と交渉し、食肉用に犬を飼育することを止め、代わりに農作物を育てるとの約束を取り付けた。1月5日、救出された23匹の犬のうち最初の11匹が、米ワシントンDC郊外のアレキサンドリアにあるアニマル・ウェルフェア・リーグへ到着した。ここで犬たちは保護・観察され、いずれ里親希望者に引き渡される。(解説は英語です)

文=Heather Brady/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加