【動画】ダムに沈む霊廟を大移動、重さ1100トン

1万2000年の歴史ある町がダムの底に、ほかにも8遺跡が移設待ち

2017.05.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】重さ1100トンの霊廟を移動させる
2017年5月23日、15世紀に建造された重さ1100トンの石の霊廟が4時間近くかけて移設された。(解説は英語です)

 1万2000年の歴史を持つトルコの町ハサンケイフで5月12日、地元の人々が携帯電話のカメラを構えて見守るなか、歴史的建造物であるゼイネル・ベイの霊廟が新しい場所へ移設された。

 ドーム状の塔は、13~15世紀にトルコ東部を支配した白羊朝の君主ウズン・ハサンが、戦死した息子ゼイネル・ベイをまつるために1475年に造らせた霊廟。今回、1マイル(約1.6キロ)以上離れたハサンケイフ文化公園へ運ばれた。新たに作られた公園は霊廟があった場所よりも60メートルほど標高が高い。論争の最中にあるイリス・ダムが稼働すると、チグリス川渓谷は霊廟もろとも水没してしまうため、巨額の費用を投じて移設することになったのだ。

 移設によって霊廟が損傷を受けるという懸念の声もあったが、賛成派は文化保全のために必要な措置だとしていた。

 歴史的なアナトリア建築の特徴を持つ霊廟は、高さ15メートルで直径7.5メートル。通気のためにドームが二重に作られ、精巧なタイル細工が施されている。チグリス川を見下ろす高台に建てられ、地域の観光名所のひとつとなっていた。

ゆっくりと坂道を上り始めた

 移設に向け、保全専門家とエンジニアはいくつかの選択肢を検討していた。霊廟をダムの底に沈めてしまう案もあれば、コンクリートの壁で覆ってしまい、地下トンネルに路面電車を通して往来できるようにする案も出された。

 結局、トルコ国家水利庁(DSI)が移設を許可し、420万ドル(約4.7億円)の費用を負担することに同意したのだが、その後も困難に直面した。

「いつものことですが、計画通りにはいかないものです」。プロジェクトを監督した土木エンジニアのアーメット・トゥーラー氏は言う。「移設当日、様々な問題が持ち上がってしまいました」

 大勢の作業員は、まず新しいコンクリートの土台を支える梁を霊廟の下に取り付け、油圧ジャッキで土台ごと持ち上げると、その下に自走式の運搬車両を潜り込ませた。(参考記事:「古代人は巨石をいかにして運んだか」

 ところが、移動のために特別に建設された道路へ入るとすぐに、発電機の燃料が切れ、霊廟の安定性を監視するシステムが動かなくなり、タイヤが1個パンクした。

 トゥーラー氏と仲間のエンジニアたちは、政府役人たちの視線を感じながら、燃料を補給し、バックアップ用の監視システムを取り付け、パンクしたタイヤを取り外した。

 トルコの国旗を掲げた霊廟は、ゆっくりと坂道を上り始め、3時間半以上かけて無事に移設完了した。未来の地震に備えて、衝撃を吸収する免震システムも設けた。

 このあと、霊廟は引き続き修復作業が行われる。ゼイネル・ベイの遺骨は数年前に発掘されており、盗掘を避けるため別の場所に保管されていたが、再びここにまつられることになっている。

 ほかにも8カ所の遺跡建造物がハサンケイフ文化公園に移設される計画があるが、実行されるかどうか疑問だとトゥーラー氏は話す。いくつかの遺跡はチグリス川の反対側にあって、川を渡るのが難しく、時間もあまり残されていない。

 イリス・ダムの稼働が1日遅れるごとに、百万ドルの損失が生じると言われている。他の建造物を移設する前に一帯が水没する可能性は大きい。

次ページ:60年越しのダム計画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加