【動画】ごみ箱のふたを開けるカラス
2017年5月16日、アラスカ州へインズ。問題解決能力を駆使して留め具を外し、ふたを地面へ落とすカラス。(解説は英語です)

 カラスは、鳥の中でも特に高い知能を持つと考えられている。

 米アラスカ州ヘインズで、重石を置いたごみ箱のふたを器用に開けてみせるワタリガラスの動画が撮影された。ふたを押さえている留め具の下にくちばしを差し込んでふたをこじ開け、地面に落とすと、中のごみを漁って段ボールやプラスチック片を外に放り出している。残飯を探していたのだろう。

 撮影者のランダ・シュマンスキーさんとその夫は、最初のうち、ごみ箱が倒されていたのはクマの仕業だと思っていた。そこでふたを留め具でしっかり押さえ、その上に重石を置いていたが、それでも度々被害にあっていた。(参考記事:「クマと人の遭遇が急増、北米」

賢いペテン師

 シュマンスキーさんの自宅があるアラスカ州南東部では、カラスは「賢く、怖いもの知らず」として悪名高い。地元の先住民トリンギット族は、カラスのことをペテン師と呼ぶ。(参考記事:「カラスが仲間の葬式をするって本当?」

 ごみ箱を漁るだけでなく、シュマンスキーさんは他にもカラスがハクトウワシにいやがらせをしたり、小型トラックの荷台から食べ物を盗んでいるのを目にしたことがある。とりわけその賢さに驚いたのは、トラックに置いてあった卵を1個ずつ、計1ダース分盗んでいったことだ。

「卵ケースのふたを開けて、1個ずつ近くの巣に運んでいました。トラックの持ち主が戻ってきたときには、卵は全部なくなっていました」と、シュマンスキーさんは語る。

 一部の研究によると、カラス科の鳥は脳が小さいながらも、その知能はチンパンジーにも比肩するほどだという。(参考記事:「Tレックスは頭がいいから最強に?新種化石が示唆」

「カラスは、人間とともに生きるよう適応したのではありません。どうやって人間を利用するかを学んできた生物です」と、ワシントン大学環境森林科学部の博士課程に在籍するケイリー・スイフト氏は言う。

 今回、動画のカラスがごみ箱の上に立っている部分は、ちょうど木の枝のように鳥がとまりやすい形になっている点を指摘し、実際に留め具を外そうと思って外したのか、それとも偶然に外れてしまったのかを判断するのは難しいと、スイフト氏は言う。

 また、シュマンスキーさんが目撃したというハクトウワシへの攻撃的な態度は、捕食者を追い出そうとするモビング(擬攻)と呼ばれる行動だという。「捕食動物を見つけると、警戒音を発して近くにいる仲間を呼び寄せます」。そして、集団で捕食動物にいやがらせを仕掛け、追い払うというのだ。(参考記事:「フォトギャラリー:復活したハクトウワシ」

次ページ:論理的に考える能力はこうして証明されてきた