【動画】窮地に陥ったヒョウがスイギュウとキス

倒木へ逃げたヒョウ、詰め寄るスイギュウの群れ、その時

2018.05.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】スイギュウの群れから逆襲を受け、倒木の上に避難したヒョウ。南アフリカ、サビサンド動物保護区で撮影(解説は英語です)。

 初秋のある朝、南アフリカのサビサンド私営動物保護区で、若いオスのヒョウがアフリカスイギュウの大群を発見した。気性の荒い大型のスイギュウ約80頭が身を寄せ合い、早朝の寒さをしのいでいた。

 ヒョウは背の高い草むらに身を隠し、少しずつ前進していく。食事にありつくことができるかもしれないと考えているようだ。おそらくスイギュウの子どもを見かけたのだろう。

 しかし、このヒョウの目論見は、せいぜいスイギュウをいら立たせただけだった。数頭が見回りにやって来ると、ヒョウはすばやく倒木に駆け上がった。周囲にはほとんど木がないため、避難場所が見つかっただけでも幸運だ。保護区内のロッジで長年ガイドを務めるベネット・マソンシ氏がサファリに帯同中、一連の出来事をカメラに収めた。(参考記事:「南アフリカ最大の保護区で野生動物を堪能」

 興味を持ったスイギュウたちは木の下に集まった。そして、1頭のスイギュウがにおいをかぐために上を向いた瞬間、ヒョウとスイギュウがつかの間「キス」をしているような構図になった。

「めったに見られない光景です」と、ボツワナのグレート・プレーンズ保護基金の最高保護責任者であるマーカス・ホフメイヤー氏は述べている。「コミカルさがあふれて、張り詰めた空気を振り払ってしまいました」(参考記事:「【動画】鳥の前でコロンと転がる可愛いマングース」

遊び心と攻撃性

 ホフメイヤー氏によれば、アフリカスイギュウは特に攻撃の際、好奇心が旺盛になるという。20年近く、南アフリカで野生動物の獣医として働いてきたホフメイヤー氏は、今回の行動について、両者の遊び心と攻撃性が入り混じった瞬間だと分析している。

「彼らはヒョウをけん制し、自分たちに危険がおよぶ領域に区域に立ち入らせないようにしています。彼らはそのうえで、ヒョウが何をしているかを見ようとしているのです」(参考記事:「ライオンと水牛、オカバンゴの動物」

次ページ:若気の至り

おすすめ関連書籍

動物の心

知性 感情 言葉 社会

動物たちの心の世界を探求した最近の研究成果を、わかりやすく解説。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加