ソマリア、干ばつで大量餓死の危機高まる

写真12点、3月中に雨が降らなければ多数の餓死者出る恐れ

2017.03.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソマリア北東部の準自治州プントランドにあるウウスグレ国内避難民用キャンプ。農作物を育てたり家畜に与える水が枯渇し、ソマリア中の人々が住んでいた家を離れて、このようなキャンプに避難している。(PHOTOGRAPH BY DOMINIC NAHR, CONTACT PRESS IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 2010年、ソマリアを干ばつが襲い、それに続いて飢饉が起こった。ようやく雨が戻った時には、25万人以上が死亡していた。そして今、再びソマリアで起こっている干ばつを、政府は国家的災害と宣言した。

 3月5日の政府発表によると、ある地域ではこの干ばつのために48時間で110人が死亡した。気象専門家は、この数字が単なる始まりにすぎず、2011年の悪夢が再び繰り返されるのではないかと恐れている。

 現在、ソマリアでは300万人近い人々に緊急支援の必要があると、国連では推測している。社会的なセーフティネットが整っていないと、干ばつの後に飢饉が起こる。数十年に及ぶ紛争と干ばつに疲弊したソマリアにはセーフティネットなどあるはずもなく、今月中に雨が降らなければ、大量の餓死者が出るだろうと懸念されている。(参考記事:「絶望のソマリア」

シャダ国内避難民キャンプの診療所で、2歳の息子アブドゥラーマン・マハムド君を抱くサーロ・モハメド・ムミンさん。アブドゥラーマン君は肺炎、その兄のアブラヒ君は気管支炎と診断された。また、2人とも重度の栄養不良に陥っている。一家は、所有していた家畜が全滅してしまったため、160キロ近く旅してこのキャンプに避難してきた。(PHOTOGRAPH BY DOMINIC NAHR, CONTACT PRESS IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソマリアには、年に2回雨期が訪れる。春の雨期は「グ」と呼ばれ、秋のそれは「デヤー」と呼ばれる。2016年の春は降水量がいつもよりも少なく、秋には全く降らなかった。そのため、今年3月から始まる「グ」に国中が期待をかけている。

 今年2月、気候科学者と人道団体が共同で運営する「飢饉早期警告システムズ・ネットワーク」は、このまま雨が降らなければ飢饉が起こるだろうと警告を発した。

「この地域の食糧供給は慢性的に不安定で、気候がわずかに変化するだけでも大きな影響が出てしまいます」と、米メイン大学の気候変動研究所のブラッドフィールド・ライオン助教授は言う。

 干ばつは2015年から続いており、昨年秋から専門家は悪化の兆候をとらえていたが、それでも危機に至るのを回避することはできなかった。インフラの整っていないソマリアでは、農業は灌漑システムではなく降雨に頼るしかない。また、人道団体は武装勢力アル・シャバブに阻まれて必要な地域へ支援を届けることができない。

ウウスグレ国内避難民キャンプの近くで死んだラクダの横を通り過ぎる村の長老。このキャンプには、干ばつを逃れてやってきた316家族が滞在している。(PHOTOGRAPH BY DOMINIC NAHR, CONTACT PRESS IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

「干ばつは予測できなかったわけではありません」と、ライオン氏は言う。「しかし、効果的に対応できるネットワークが確立されていないのです」。また、必要な人々へ警戒情報が行き渡らないことも問題だという。「ソマリアの農業従事者は、最先端の研究所が発表した気象情報を調べることはしません」(参考記事:「空から地球を診断する」

増加する干ばつ

 アフリカでは、1990年代から干ばつの発生頻度が増加している。ライオン氏の研究によると、その原因の一部は、東太平洋で海水温が下がり、西太平洋では上がっているためであるという。これがエルニーニョとラニーニャの周期に影響を与え、気候変動も加わって気温は上昇し、陸地が乾燥した。

 カリフォルニア大学サンタバーバラ校の気候災害グループで研究ディレクターを務めるクリス・ファンク氏は、ソマリアで干ばつの発生頻度が増えていることに関して、過去20年間の研究生活のなかでも「前代未聞」のことだと話している。昨年秋、ファンク氏はソマリアの雨期は厳しいものになるだろうと警告していたが、その予報は的中してしまった。土地は干上がり、多くの住民が食糧を求めて首都を目指した。

乾燥しきった風景が広がるプントランドの航空写真。(PHOTOGRAPH BY DOMINIC NAHR, CONTACT PRESS IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

干ばつが飢饉につながる背景

 国連は、全世帯数の20%が食糧不足に対処できず、急性栄養不良が30%を超え、1日で1万人あたり2人以上が餓死すると、飢饉の発生を宣言する。

 2011年、ソマリアはこの条件をすべて満たしてしまった。過去60年間で最悪と言われた干ばつは、同時期にケニアとエチオピアをも襲った。しかし、この2カ国は食糧援助と備蓄食糧のおかげで危機をかろうじて回避することができた。しかし、ソマリアの場合は長年にわたる紛争でインフラと支援体制が疲弊し、頼りの食糧備蓄も皆無だった。(参考記事:「ケニアのモール襲撃、原因はソマリア」

「干ばつが起こったからといって、それが直接飢饉につながるわけではありません。飢饉は、人々が食糧を購入できないために起こるのです」と、ファンク氏は説明する。

 現在起こっている干ばつは、気温とともに食料価格も上昇させている。少しばかり備蓄はあるが、ソマリア人の主食であるソルガム(モロコシ)とトウモロコシの価格は数カ月で50~88%上昇し、2011年と同じレベルに達しようとしている。

残り少ない水源地のひとつドゥードで、給水車に水を補給する人々。(PHOTOGRAPH BY DOMINIC NAHR, CONTACT PRESS IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 ファンク氏は、早期追跡システムと支援体制が改善されたことで、これを埋め合わせできると期待している。飢饉警告システムズ・ネットワークは2011年当時、現在のような人工衛星による観測システムや現地での情報収集法を持たなかった。人道支援へのアクセスも、武装したアル・シャバブによって阻まれていた。現在、首都の治安は良くなり、今年2月に数十年ぶりの民主的な選挙で選ばれた新大統領が、テロや暴動を鎮圧させると期待されている。だが、事態は差し迫っている。2011年の干ばつによる死者数は、4月から5月にかけて急増していた。(参考記事:「Webナショジオ・インタビュー 高野秀行 第1回 超速とカート宴会の国」

 人道団体の焦点は、干ばつ対策から飢饉防止計画へと移行している。しかし、南スーダン、シリア、イエメンで同時進行している大規模な人道危機のなかで、ソマリアまで支援金が回らないのではないかという懸念もある。国連は2017年度にソマリアに対し8億6400万ドルの支援を呼びかけているが、現在までのところまだその6%しか満たされていない。

「こうした危機に向き合うのは困難なことです。けれども、向き合うことをせず悲劇が起こるままにしておけば、さらに大変なことになるでしょう」と、ファンク氏は語る。

次ページ:写真で見るソマリア干ばつの危機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加