キリンにぶら下がって寝る鳥が見つかる

かしこく食事にありつくための戦略か、研究発表

2018.03.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボツワナにあるオカバンゴ・デルタで、キリンの頭にとまるキバシウシツツキ。(PHOTOGRAPH BY ROY TOFT, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 アフリカにすむ小さな鳥キバシウシツツキが、キリンなど大型動物をねぐらにしていることが明らかになった。2018年2月に学術誌「African Journal of Ecology」誌に発表された。

 ウシツツキが、キリンやアフリカスイギュウ、エランドといった大型哺乳動物の皮膚を掃除していることは以前から知られていた。この鳥が動物たちにとまったり、ぶら下がったりして、ダニなどの寄生虫をつついているのはよく見られる光景だ。(参考記事:「ウィンウィンの関係」

 だが、ライオンの専門家クレイグ・パッカー氏らがタンザニアのセレンゲティ国立公園で、カメラトラップ(自動撮影装置)を使った調査を数年かけて行ったところ、この鳥は夜中も動物たちにぶら下がって眠っていた。ナショナルジオグラフィック協会は、このプロジェクト「スナップショット・セレンゲティ」に資金提供している。(参考記事:「【動画】ライオンが奪ったカメラに写っていたのは」

不器用な鳥の縄張り戦略

 米ミネソタ大学で行動生態学の博士課程に在籍し、今回の研究をまとめたメレディス・パーマー氏は、「キリンにとまっている鳥たちを見ると、どうやらここはお気に入りのねぐらのようです。鳥たちにとって安全で快適な場所なのでしょう」と話す。同氏は、鳥が寝る時にこのような行動をとるのは、ライバルを阻止するための縄張り戦略でもあるのではないかと考えている。

 近縁種のアカハシウシツツキは、キバシウシツツキよりも小型で、器用なくちばしをもっている。そのため、シマウマやインパラ、ヌーなど、より多くの動物にすみつく寄生虫も食べることができる。

 一方のキバシウシツツキは食べられるものが限られる。そこで寝ながらでも一定の動物の上にとどまれば、かしこく食べ物にありつけるというわけだ。「一度居場所を見つけたら、そこに居続ける方が得なので離れることはありません」とパーマー氏は言う。

次ページ:両者の不思議な関係

おすすめ関連書籍

写真家だけが知っている 動物たちの物語

美しい写真とともに読む、心に残る60話

定価:本体2,300円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加