4.8億円相当、兵馬俑の親指を盗んだ男を逮捕

米博物館の防犯カメラに一部始終、中国が強く抗議

2018.02.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【ギャラリー】よみがえる兵馬俑 写真8点(画像クリックでギャラリーページへ)
秦の始皇帝陵で見つかった兵馬俑。(PHOTOGRAPH BY O. LOUIS MAZZATENTA, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

 2017年12月21日、米デラウェア州に住むマイケル・ロハナ(24歳)は、ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるフランクリン研究所の博物館で行われたクリスマス・パーティーに参加した。

 その日の午後9時15分頃、閉館後の展示室へロハナと友人数人が忍び込む姿が防犯カメラにとらえられていた。展示室では同年9月30日から兵馬俑展が開催されており、中国から貸し出された10体の兵士像と、硬貨、黄金の品、翡翠、武器が展示されていた。友人らはすぐに部屋を出て行ったが、ロハナだけがひとりで中に残っていたという。(参考記事:「兵馬俑3次調査、鮮やかな彩色を再現」

 防犯カメラの映像によると、ロハナは携帯電話の懐中電灯で展示物を照らし、騎兵をかたどった俑(死者を守るためにともに埋葬する人形)を抱いて一緒に自撮り写真を撮っているように見える。その後兵士の左手に触れ、何かを折り取ってポケットに隠し、そのまま現場を立ち去った。

 博物館の職員は、親指がなくなっていることに1月8日まで気付かなかったが、その5日後には犯人を突き止め、捜査官が直ちにロハナの家へ向かった。ロハナは、自室の机の引き出しに親指を隠したことを認めたという。

中国側は激しく非難

 1月13日、ロハナは重要美術品の窃盗と隠匿、盗品の州間移送の罪で逮捕、起訴されたが、2月16日に保釈金を支払って釈放された。

 兵馬俑を貸し出した中国の陝西省文物交流センターは、博物館の「不注意」を「強く非難」し、被害状況の調査と親指の修復に2人の専門家を派遣すると発表した。また、損害賠償を請求する方針も明らかにしている。

 40年以上前に兵馬俑が発見されて以来、文物交流センターは世界各地で260回以上の展示を開催しているが、これほどの事態が表沙汰になったのは今回が初めて。「人類の文化遺産を破壊し盗むという罪を犯した者に厳罰を下すよう米国側へ要求した」と、センター関係者は共産党系列の機関紙「北京青年報」に語っている。

 フランクリン研究所は声明を出し、パーティーのあった夜に規定の閉館手順がとられていなかったことを認め、今後同じようなことが起こらないよう博物館の警備と手順を見直したと述べた。

次ページ:秦の始皇帝陵に8000体、4.8億円の価値

【動画】陶製の兵隊
中国の兵馬俑坑を訪れて専門家に話を聞く。始皇帝の軍隊を模した実物大の像8000体には、精巧な彫刻が施されていた(解説は英語です)。

おすすめ関連書籍

最強の帝国

覇者たちの世界史

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第9弾。古代から近代まで、歴史上に現れた世界の強大な帝国を詳細に解説したビジュアル歴史読本。

定価:本体1,400円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加