カニがイソギンチャクのクローン作り共生維持か

キンチャクガニのユニークな行動、別の動物の無性生殖促す唯一の事例

2017.02.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】イソギンチャクを失ったキンチャクガニが、別の個体から片方のイソギンチャクを奪う。その後、イソギンチャクを引き裂いてクローンを作り、両方のはさみに備えた。(Study footage courtesy Yisrael Schnytzer)(解説は英語です)。

 インド太平洋海域の浅瀬に、小さなチアリーダーがすんでいる。左右のはさみにイソギンチャクをつけたキンチャクガニたちだ。両手にポンポンを持ったような姿から、英語では「ポンポンクラブ」(pom-pom crabs)というニックネームが付いている。

 そのキンチャクガニの1種(Lybia leptochelis)がイソギンチャクを失うと、別のキンチャクガニからイソギンチャクを奪い取ることがはじめて実験的に明らかになった。さらに、取った方も取られた方も、1つのイソギンチャクを2つに裂いて同一のクローンを作り、左右のはさみに1つずつ装備するという研究結果が1月31日付でオンライン学術誌「PeerJ」に掲載された。(参考記事:「動物大図鑑 イソギンチャク」

イソギンチャクを持つキンチャクガニの1種、リビア・レプトケリス(Lybia leptochelis)。イソギンチャクはカニを捕食者から守る代わりに、餌に容易にありつけるという相利共生関係にある。(PHOTOGRAPH BY YISRAEL SCHNYTZER)
[画像のクリックで拡大表示]

 カラフルだが刺胞のある2つの「武装兵器」は、精巧なかぎでカニのはさみにくっついており、コインほどの大きさしかないキンチャクガニが捕食者を追い払うのに役立っているらしい。その見返りに、イソギンチャクにはカニの食べ残しをもらえるという恩恵がある。 (参考記事:「真っ赤なイソギンチャクとクマノミ」

 たいていのカニは頑丈なはさみを持ち、物をつかんだり、餌を食べたり、身を守ったりするのに使っている。だが、キンチャクガニ属のカニのはさみは、ちっぽけなピンセットに近い。その大きさと形が、イソギンチャクを持つのにぴったりなのだ。

もしも片方を失ったら?

 科学者チームは、2つ1組のイソギンチャクを持つキンチャクガニの1種、リビア・レプトケリス(Lybia leptochelis)を数年にわたって調べてきた。イスラエルの紅海で採集したり観察したりした数は100匹を超える。

 実験が行われたのはイスラエル南部、エイラートにあるIUI海洋研究室。チームはカニから片方のイソギンチャクを奪い、イソギンチャクを1つしか持たない状態にした。

 今回の論文の著者で、イスラエル、バル=イラン大学のイスラエル・シュナイツァー氏は、「キンチャクガニは、自分からイソギンチャクを放してはくれません」と話す。

「少しずつ慎重にイソギンチャクを取り去るため、キンチャクガニをペトリ皿に置き、顕微鏡で見ながら、小さなピンセットで作業しました」

 片方のイソギンチャクを失ったカニは、残る1つを半分に引き裂いた。2つに分かれたイソギンチャクは、数日のうちに元の大きさにまで再生。元のイソギンチャクのクローンが新しく誕生したことが示された。(参考記事:「メスしかいないサラマンダー、驚きの利点判明」

 これは、ある動物が別の動物の無性生殖を促す唯一の事例だ。

もしも両方を失ったら?

 2つ目の実験で、研究チームはカニがイソギンチャクを1つも持たない場合はどうするのか観察した。イソギンチャクなしのカニと、イソギンチャクを2つ持つカニを一緒に水槽に入れた。

【動画】キンチャクガニとイソギンチャク、応援したくなるチームプレー キンチャクガニとイソギンチャクは、美しい共生関係を築いている。(解説は英語です)

 すると2匹は争いになり、ほとんどの場合で、イソギンチャクなしのカニが、2つ持っているカニから1つを奪い取る結果になった。

 最後に研究チームは、野生のキンチャクガニが持つ2つ1組のイソギンチャクについてもDNA分析を行った。

 その結果、どのカニが持つイソギンチャクのペアも、DNAが同一のクローンであることが判明。また、異なるカニのイソギンチャクのDNAがよく似ていることも明らかになった。つまり、キンチャクガニが野生でもイソギンチャクを裂いたり奪いあったりして、クローンを作り続けている可能性が高い。

共生していないイソギンチャクが見つからない

 シュナイツァー氏らのチームは、両者の不思議な関係についてまだまだ多くの疑問を抱いている。例えば、いつ、どこで、どのようにしてキンチャクガニがイソギンチャクを手に入れるのかは、まだ謎のままだ。(参考記事:「コシオリエビ、カリブの光る深海生物」

 例をあげると、紅海で採集されたキンチャクガニは、カザリイソギンチャクの仲間であるアリシア属(Alicia)という特定の数種のイソギンチャクを持っていた。しかし奇妙なことに、研究チームが何年かけて探しても、これらのイソギンチャクがキンチャクガニと共生せずに単独で生きている例は1つも見つからなかったのだ。

「イソギンチャクを裂いたり盗んだりする行動が自然界で起こっているとしても、おそらく、それがキンチャクガニがイソギンチャクを獲得する方法の全体像ではないのだと思います」とシュナイツァー氏。

 フランス、パリの国立自然史博物館に所属するカニの専門家、ダニエル・ギノー氏は、「この研究は、イソギンチャクとキンチャクガニの関係がどう進化したのかについての疑問も投げかけています」と話す。

 この関係では、イソギンチャクを持っていることがカニにとって重要なようだとギノー氏は指摘する。同氏は今回の研究に関わっていない。

 ギノー氏は加えて、この実験を「よく想像をめぐらせた上で、慎重に行われています」と評価した。「生物が類いまれな挑戦をして生きているという例が、また一つ増えました」

文=Mary Bates/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加