大阪のサルがシカにまたがり「性行為」、研究成果

箕面のサルとシカの行為を258例比較、「おそらく性的に満足」と研究者

2017.12.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニホンジカにマウンティングするメスのニホンザル。大阪府箕面市で。(PHOTOGRAPH BY NOËLLE GUNST)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ではサルが妙なことをしているようだ。

 カナダのレスブリッジ大学の研究チームが12月11日に発表した論文で、若いメスのニホンザルがニホンジカと性行為のようなことをしていることが明らかにされた。大阪府箕面市で、野生のサルがシカにマウンティングしているのが観察されたという。

 これと似たようなサルとシカの行為は、鹿児島県の屋久島でも2017年1月に報告されている。このときに発表された研究は不確かな証拠に基づくものだったが、今回の研究は具体的な数値を示している。箕面市の住民は、少なくとも2014年からこのような行動を見かけていたらしいと、論文の共著者であるノエル・ガンスト氏は言う。

サルは性的な満足を得ている

 研究チームによれば、人間以外の霊長類と霊長類以外の種の間の性的行為に関する定量的な研究は、この論文が初めてだ。

「調査結果は、サルによるシカへのマウンティングが性的な行為であり、若いメスザルがおそらく性的な満足を得ているであろうことを裏づけるものです」とガンスト氏はメールで述べている。

 野生のニホンザルがニホンジカにまたがることは、かなり前から知られていた。サルがシカの毛づくろいをすることもあり、一方のシカはサルが落とした果実にありついたり、時にはサルの糞を食べたりすることもある。(参考記事:「クジラの背に乗るアシカの写真が話題」「【動画】サイの背に乗るジャコウネコ、目的は?」

 今回の研究では、この行動を撮影した動画と糞を試料とするホルモン検査から、交尾期の行為を調べた。研究チームは258例のサルとシカの間の行為を、過去に観察されたメスザル同士の性的接触と比較した。(参考記事:「甲虫の同性愛行為、繁殖に影響していた」

 シカの背中にまたがる、腰を動かす、声を出すなどの実例に基づいて、研究チームはこうした行為が実際に性的なものであると結論づけた。いくつかの例では、サルがシカを噛んだり枝角を引っ張ったりする様子も見られた。

 研究チームは、異なる14組のサルとシカのペアを観察した。5つの例では、メスザルが10分間に3回以上同じ相手にまたがり、サル同士が交尾するときに聞かれるような声を上げた。そのほか、サルとシカの間で始まった性行為を、別のサルが邪魔する例もあった。ガンスト氏は、このような行為は1日に1回程度の割合で見られ、数分から2時間ほど続いたと述べている。

 ほとんどの場合、シカの方では気にしていないようだ。背中に乗ったサルを振り落としたシカもいるが、多くはサルが腰を動かしている間じっと立っていた。エサを食べ続けているシカもいた。(参考記事:「ヒトの死体の骨を食べるシカ、はじめて観察」

次ページ:サルの動機は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加