タールを使用した火の球を群衆から投げつけられたアジアゾウの親子。インドの西ベンガル州で。(PHOTOGRAPH BY BIPLAB HAZRA, SANCTUARY NATURE FOUNDATION)
[画像をタップでギャラリー表示]

 火をつけられて逃げまどうアジアゾウの親子。このショッキングな写真が、野生動物の写真コンテストで受賞し、インドで繰り広げられるゾウと人間との対立に、世界の注目が集まっている。(参考記事:「動物大図鑑 アジアゾウ」

 写真のタイトルは「地獄がここに」。胸がつぶれる光景だ。インドの西ベンガル州で、ゾウの親子が群衆に追われ、タールを使った火の球を投げつけられたために、子ゾウの体に火がついてしまった。

 この写真は、アマチュアの野生動物写真家、ビプラブ・ハズラ氏が撮影したもの。野生動物を扱うインドの雑誌「Sanctuary Asia」誌が年に一度開催する野生動物の写真コンテストで受賞した。このコンテストの審査には、ナショナル ジオグラフィックの写真家、スティーブ・ウィンター氏が参加している。(参考記事:「スティーブ・ウィンター氏プロフィールとこれまでの作品」

「野生動物を撮り始めてから14年になりますが、このような事件を見るのは初めてです」。本業は煉瓦窯の窯元であるハズラ氏は、インドの日刊紙「the New Indian Express」にこう語った。「全神経を集中させて、夢中でシャッターを切りました」(参考記事:「ゾウと人の付き合い100年の変遷、写真16点」

高まる人間とゾウの緊張状態

 写真はほんの数時間で世界中に広まり、インドで暮らす人間とゾウとの緊張状態を浮き彫りにした。

 インドに生息するアジアゾウの個体数は2万7000頭以上で、全個体数の半数を超える。アジアゾウは、国際自然保護連合(IUCN)によって「絶滅危惧種(endangered)」に指定されているが、その主な原因は、人間がゾウの生息域を破壊、分断していることだ。(参考記事:「ボルネオゾウ14頭が謎の死」

 インドの野生動物保護団体「Wildlife Trust of India」が2017年8月に実施した調査によると、ゾウがインド国内を移動する際に使用する「回廊」は少なくとも101あるが、そのうち、人間の居住地を通らないものはわずか5分の1。3分の2は州道もしくは国道を通り、森林内だけの移動ですむ道は、13%にも満たない。(参考記事:「【動画】閉じた踏切を渡るゾウ、驚きの行動を解説」「インドのトラ、保護のカギは“回廊”」

 今回の写真が撮影された西ベンガル州は、インドの中でも、特に頻繁に人間とゾウが衝突する場所だ。同州北部に点在する森林には約488頭のゾウが生息しているが、そこは、人間の住居と茶畑が集中している場所でもある。(参考記事:「【動画】井戸に落ちたヒョウを村人総出で救出」

次ページ:子ゾウはどうなった?