1千万年前の歯化石、「人類の起源」は言い過ぎ

ドイツで見つかった謎の霊長類化石、アフリカの猿人との類似性に異論続々

2017.10.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツの遺跡で最近発見されたこの歯が、ヨーロッパの古代霊長類の左上顎犬歯だとする論文が発表された(この写真のアングルでは、犬歯の先端がこちらに向かって突き出している状態)。(PHOTOGRAPH COURTESY LUTZ, H., ENGEL, T., LISCHEWSKY, B. & BERG, A. VON)
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツで保存状態の良い歯が2つ発見され、現在のヨーロッパ北部で暮らしていた人類の遠い祖先について、貴重なヒントを提供してくれている。「人類の歴史を書き換える発見かも」といった報道も多いが、果たしてこれは本当だろうか? ひと言で言えば、その答えはノーだ。

 黄褐色をした2つの歯の化石――ひとつは犬歯、もうひとつは上顎臼歯――は、1000~900万年前の霊長類のもののようだ。(参考記事:「ヒトはなぜ人間に進化した? 12の仮説とその変遷」

 2016年9月にこの歯が発掘されたドイツ、フランクフルト近郊のエッペルスハイム遺跡は、霊長類の化石が出ることで知られている。1820年代にこの場所で見つかった大腿骨の化石は、古人類学の分野が大きく発展するきっかけとなった。残念ながら、こうした化石の多くは第2次世界大戦中に失われ、その後は新たな化石はほとんど見つかっていなかった。(参考記事:「アフリカ以外で最古の現生人類を発見」

 研究者らによると、今回発見された2つの歯は、エッペルスハイムから80年ぶりに出土した霊長類の化石だという。

「アウストラロピテクスに似た歯」

 マインツ自然史博物館副館長のヘルベルト・ルッツ氏率いる研究チームが論文共有サイト『ResearchGate』に10月20日付けで投稿した論文では、この歯は絶滅したアフリカの古人類のものに非常によく似ているという。(参考記事:「30万年前の人類化石は初期ホモ・サピエンスか」

 特に、ずんぐりとした奇妙な形状の犬歯は、アルディピテクス・ラミダス(ラミダス猿人)や、ルーシーと呼ばれる化石で知られるアウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の犬歯によく似ている。(参考記事:「ラミダス猿人が変えた、新・人類進化の道」

 ルッツ氏は、この歯は過去にヨーロッパやアジアで発見されたどの化石とも異なっていると主張しつつも、これが実際に何を意味するのかについては明言を避けている。(参考記事:「アファール猿人「ルーシー」の死因は木から転落? 注目の理由は」

「推測は控えたいと思います。この発見からわかるのは、我々の知識と化石の記録には、これまで考えられてきたよりもはるかに大きな穴があるということです」。『ResearchGate』によるインタビューで、ルッツ氏はそう話している。「この個体がどこから来たのかも、なぜこれと同じような歯がこれまで、別の場所でも見つかっていないのかも、まったくの謎です」

 考えられるのは、この歯を持っていたユーラシアの霊長類と、遠いアフリカの親戚は、地理的に離れてはいても、同じような進化的圧力にさらされた結果、よく似た形状の歯を持つに至ったということだ。こうした現象は「収斂(しゅうれん)進化」と呼ばれ、さまざまな種においてみられる。(参考記事:「霊長類は脳を増大させながら進化してきた」

次ページ:「人類の起源」はから騒ぎ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加