【動画】マグダラのマリアの顔を復元、真贋不明

科学捜査で使用される手法により、本人とされる頭蓋骨から復元に成功

2017.09.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マグダラのマリアはこのような顔だった?(字幕は英語です)

 南フランスの中世風の街、サン・マクシマン・ラ・サント・ボームにあるバシリカ(聖堂)の地下室には、世界で最も有名な遺体の1つが安置されている。このたび、この遺骨からある科学者とアーティストが生前の顔を復元した。

 遺体はイエスに仕えた「マグダラのマリア」のものとも言われている。頭蓋骨のコンピューターモデリングにより、とがった鼻と高い頬骨、丸い輪郭を持つ女性の顔が現れた。マグダラのマリアの遺骨だと信じる人々にとっては、これがカトリック教会から「罪深い女」とも呼ばれた女性の顔だ。

 フランス、ベルサイユ・サン・カンタン・アン・イブリーヌ大学の生物人類学者フィリップ・シャルリエ氏は「マグダラのマリアの頭蓋骨だという確証は全くありません」と前置きした上で、「それでも、名前を与えることが非常に重要でした」と述べた。今回の復元は、科学捜査専門のビジュアルアーティスト、フィリップ・フローシュ氏の協力を得て行われた。(参考記事:「【動画】高貴な女性ミイラの顔を復元、驚異の技術」

 マグダラのマリアは、長年にわたりカトリック教会で論争の的になっている人物だ。5世紀ごろから、娼婦であるとされてきたほか、イエスの妻だったという説も、証明されてはいないが広く支持されている。(参考記事:「キリストに妻? 言及の古文書を発見」「『イエスの妻による福音書』は本物か」

遺体は少なくとも5つの地域に

 米ハーバード神学校の教授カレン・キング氏は2004年、ナショナル ジオグラフィックのインタビューで、マグダラのマリアの役割について得られている唯一の確証は、彼女がイエスの信奉者だったことだけだと述べている。キング氏は当時、マグダラのマリアはキリスト教の基礎を築く上で重要な役割を果たした可能性があると主張している。(参考記事:「封印を解かれた「キリストの墓」の新事実」

 レベッカ・リー・マッカーシー氏の著書『Origins of the Magdalene Laundries』によれば、マグダラのマリアの遺体が南フランスにあるといううわさが広まったのは1279年だという。その後、マグダラのマリアの遺体は少なくとも5つの地域で「発見」されていると、マッカーシー氏は記している。

 このように、マグダラのマリアについての決定的な証拠は存在しないが、フローシュ氏とシャルリエ氏はサン・マクシマン・ラ・サント・ボームの有名な頭蓋骨に顔を与えたいと考えた。

次ページ:年代測定とDNA鑑定も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加