犬にも感情がある、MRIで確認

神経科学者が犬の脳を分析、人間とよく似た部位があるらしいことがわかってきた

2017.09.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】自然災害の際、ペットの命を守るには:ガルフコースト動物専門医療病院の獣医ブライアン・ビール氏が、自然災害の中でペットの安全を守るためのヒントを伝授。ハリケーン「ハービー」がヒューストンを直撃した際、ビール医師は迷子のペットのための救助シェルター設立に尽力した。(解説は英語です)

イヌと人間は、重要な脳の部位の構造・機能がよく似ていると示唆していますね

 はい、尾状核という部位です。大半の動物、特に哺乳類の脳には一般に見られる部位で、ここにはドーパミン受容体が密集していることがわかっています。ドーパミンは従来、快楽の神経伝達物質であると考えられてきましたが、実際の働きはもっと複雑です。

 尾状核は、本人が何かを期待しているときに活動が活発になります。つまり何かが起こり、その情報にどう対処するかを自分で決めなければならないといった場合です。その情報がポジティブなものであるときには、尾状核は特に強い反応を示します。

 イヌの脳でも、この尾状核が活発なときには、彼らが何か重要なことを経験し、しかもそれが彼らにとって好ましいことであると解釈できます。

 言うまでもなく、イヌの脳は人間のものと同じではありません。おそらく最も大きく異なるのは、言語に関する領域でしょう。現在取り組んでいる中でも特に重要な問題は、イヌは実際のところ、われわれの言語をどれだけ理解しているかということです。(参考記事:「犬は飼い主の言葉を理解している、脳研究で判明」

 人間は言葉による命令を通じて、イヌにいろいろな芸や技術を教えることができます。しかしイヌが言葉というものを、他の何かを表すための記号であると理解しているのか、それとも人間の話すことを、より直接的なやり方で処理しているだけなのかはわかりません。おそらく彼らは、音と特定の行動を結びつけているだけであり、そこに抽象的な意味に対する深い理解はないのだろうと考えられます。

ペットは飼い主に対して、ごほうび目当てではない「本当の愛情」を感じているのでしょうか

 これは食べものをもらうことと、単なる喜びを得ることとの違いに関連した問題です。

 実験では、まずイヌに食べものがもらえるという合図代わりの物体を見せ、次に飼い主が目の前に現れて「いい子だね!」と褒めてくれるという合図代わりの物体を見せました。食べものよりも褒められることを好んだイヌも多少はいましたし、正反対の反応を見せたイヌもいました。しかし大半のイヌは、食べものと褒められることの両方に、同じ程度の反応を見せました。(参考記事:「イヌは飼い主を取られると嫉妬する」

次ページ:「アシカにはダンスの能力が」

『ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの 犬と幸せに暮らす方法55』

大人気のカリスマドッグトレーナーが指南! 愛犬の行動がみるみる変わる!
ナショジオ・ストア アマゾン 楽天


『ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの 犬が教えてくれる大切なこと』

人生の節目には必ず犬が寄り添い、導いてくれた。シーザー・ミランが語る、犬とともにある幸せと愛。
2017年9月4日発売。
ナショジオ・ストア アマゾン 楽天
  • このエントリーをはてなブックマークに追加