探査機ボイジャー40年、隣の恒星に出会う日

太陽系から最も近い恒星に近づくのは、なんと4万年後

2017.09.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
星間空間に到達するボイジャー1号の想像図。ボイジャー1号は2012年に太陽系を離脱して星間空間に入り、翌年、公式に発表された。(ILLUSTRATION BY NASA, JPL-CALTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 地球の音や画像を収めたレコードを搭載したNASAの探査機、ボイジャー1号と2号が相次いで宇宙に旅立ってからちょうど40年。2機はこれまでに木星、土星、天王星、海王星の近くを猛スピードでかすめた後、今は太陽系の外縁辺りに達し、飛行を続けている。

 だが、ボイジャーの物語はまだ始まったばかりだ。現在の軌道で行くと、2機は太陽の重力圏を離脱した後もずっと銀河系の旅を続ける。もしかしたら、4、50億年後に太陽が一生を終えた後も飛び続けているかもしれない。(参考記事:「銀河系の見えない光、ボイジャーが観測」

 はるかな旅の途中で、もし探査機が宇宙人に捕獲されることがあれば、地球の情報を記録した2枚のゴールデン・レコードが、その時すでに滅びているであろう地球の「遺言」を再生することになるだろう。

 ボイジャーの旅は孤独だ。私たちが見上げる夜空には無数の星がひしめき合っているが、宇宙は基本的に空っぽの空間で、恒星どうしの距離は途方もなく遠い。いずれ、われわれの銀河系が隣のアンドロメダ銀河と衝突したとしても、恒星どうしが衝突することはめったにない。(参考記事:「17世紀に出現した謎の天体、星の衝突だった」

 それでも、天文学者の予想によれば、ボイジャーは今後10万年ほどの間にいくつかの恒星や塵の雲に出会うという。2機が比較的近い将来に出会う天体を紹介しよう。

ボイジャー2号

 1977年8月20日、ボイジャー2号は米フロリダ州ケープカナベラルから打ち上げられ、太陽系の外に向かって飛行をはじめた。牛1頭ほどのサイズのこの探査機は、木星と土星では重大な発見をし、天王星と海王星では見事な写真を撮影した。(参考記事:「海王星に巨大嵐が出現、サイズは地球並み」

 ボイジャー2号は現在、太陽系の軌道面の下側を時速約5万5500kmの猛スピードで、いて座の方向に進んでいる。数年後にはヘリオポーズ(太陽風が届く境界)を越えて、いよいよ星間空間に出てゆくことになる。(参考記事:「“磁気の泡”、太陽圏の構造に新説」「太陽系の“最先端”を発見」

 ボイジャー2号がほかの恒星に接近するのは今から約4万年後で、小さな赤色矮星ロス248から1.7光年以内のところを通過する。

 現在、太陽から最も近い恒星はアルファ・ケンタウリだが、ボイジャー2号と出会う頃にはロス248が太陽から3.02光年のところまで接近して、一時的に太陽に最も近い恒星となる。(参考記事:「太陽系から最も近い地球型惑星発見、過酷な環境」

 6万1000年後にはオールトの雲を通過する。オールトの雲は太陽系を取り巻く氷の天体の集団で、その直径は太陽から地球までの距離(約1億5000万km)の20万倍にもなるという。

 科学者の多くは、長周期彗星はオールトの雲からやって来ると考えている。太陽の重力の影響が及ばなくなる場所を真の太陽系の果てと考えるなら、オールトの雲は太陽系の果てでもある。(参考記事:「7万年前に恒星が最接近、地球に彗星の嵐か」

 ハッブル宇宙望遠鏡を使って今後10万年のボイジャーの軌道を詳細に調べ、数百万年後の軌道も大まかに計算したレッドフィールド氏も、「太陽系の果ては、だいたいオールトの雲の外縁部あたりでしょう」と言う。

 ボイジャー2号がその次に恒星に接近するのは西暦29万8000年で、地球の夜空で最も明るく輝く恒星シリウスから4光年以内のところを通過する。それから約10万年後に、くじゃく座デルタ星とGJ 754という2つの恒星の近くを通る。

次ページ:40億年後、ボイジャーは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加