【動画】アマゾンの幻のサル、生きた姿80年ぶり

金色の四肢と前髪が特徴的なヴァンゾリーニ・サキ

2017.08.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】80年ぶりに生きて発見されたアマゾンの幻のサル(解説は英語です)

 金色の脚を持つこの珍しいサルを見つけるとしたら、ローラ・マーシュ氏しかいないだろう。彼女は米国にある地球保全研究所(Global Conservation Institute)の所長で、アマゾン川流域を中心に生息するサルの仲間「サキ」研究の第一人者だ。

 マーシュ氏は2014年に、「空飛ぶサル」とも呼ばれる珍しいサキの新種を5つ発見した。その彼女が今年の夏の初めに、新たな探検に出かけた。ターゲットはただひとつ、ブラジルの動物学者パウロ・ヴァンゾリーニにちなんで名付けられたヴァンゾリーニ・ボールドフェイスド・サキ(学名Pithecia vanzolinii)を見つけること。80年間、ひとりとしてこの動物の生きている姿を見た者がいないという珍種だ。(参考記事:「アマゾンで新たにサキ5種を特定」

 このサルを見つけるために、マーシュ氏は科学者や写真家、自然保護の活動家、現地のガイドを集めてチームを組み、ほとんど人の入ったことのないアマゾン川流域の西部へ、4カ月にわたる探検に出かけた。2階建ての小型のハウスボートに乗り、ブラジルとペルーとの国境付近を流れるエイル川をめざした。

 多様な生物が暮らすこの地域を探検し、記録することを目的とした調査だったが、なにより優先されたのは、ヴァンゾリーニ・サキの発見だった。ついにこのサルを見つけた瞬間、長年の夢がかなったマーシュ氏は思わず泣き出してしまったという。

「感激しました」と、彼女はナショナル ジオグラフィックの取材に電話で答えてくれた。「興奮で体が震えてしまい、写真もろくに撮れませんでした」。マーシュ氏は、長年にわたりサキ属(Pithecia)の分類群の研究に取り組んできたが、これまでヴァンゾリーニ・サキについては写真という物証を入手できずにいた。彼女によると、このサル特有の見た目で他の種と区別がつくという。

次ページ:絶滅危惧種となるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加