古代イルカの新種、ハクジラなのに歯がなかった

3000万年前、ハクジラ類が多様化した時代があった

2017.08.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新種と報告された古代のイルカの想像図。(COURTESY ROBERT BOESSENECKER)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国サウスカロライナ州で発見された頭骨の化石は、新種の古代イルカのものだった。このイルカは、食物を噛まずに吸い込んで食べていた。

 英国の学術誌『英国王立協会紀要B』に発表された論文によると、このイルカは口吻が短く、歯がなかったという。また、骨にあいた穴から、大きな唇かヒゲがあったと考えられている。現代のイルカの多くは、獲物を歯で噛みちぎったり、歯で捕まえてから丸のみしたりするが、新たに発見された古代のイルカは、海底の獲物を吸い込んで食べていたようだ。(参考記事:「獲物を泥ごと吸い込む古代クジラ」

 イルカなどを含むハクジラの仲間には、さまざまな摂食行動が見られる。今回発見されたイルカ(学名Inermorostrum xenops)は、ハクジラとしては最も初期に登場した歯のないイルカかもしれない。

 この進化的分岐は、古第三紀の漸新世(約3400万年前~約2300万年前)に起きた。クジラ・イルカ類の進化において最も重要な時期の1つだ。化石は約3000万年前のもので、ハクジラの口吻の形や歯の有無が多様化し始めた時期に当たる。

 その後、イルカの口吻の形は徐々に進化し、現在のハンドウイルカのような最適なデザインに落ち着いた。(参考記事:「動物大図鑑 ハンドウイルカ」

巨大ザメの歯を探していたら

 『ザ・アトランティック』誌の記事によると、イルカの頭骨はサウスカロライナ州チャールストンから大西洋に流れ込むワンドゥー川で見つかった。この川でメガロドンという古代の巨大ザメの歯の化石を探していたダイバーが、川底に落ちていた化石を発見したのだ。このイルカの大きさは現代のネズミイルカ程度で、体長は約150cm、体重は55kgほどだったとみられる。(参考記事:「メガロドンとホホジロザメの歯の比較写真」「動物大図鑑 ネズミイルカ」

次ページ:獲物を吸い込んで食べた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加