330万年前の二足歩行猿人、子どもは木登り得意

アファール猿人、「日中は二足歩行で、夜は木の上で寝ていたのでは」と研究者

2018.07.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】人類学者ゼレゼネイ・アレムゼゲド氏がエチオピアの大地溝帯で発見したアファール猿人の子どもの化石は「ルーシーの赤ちゃん」と呼ばれている。これまでで最も古く、最も完全な化石人類の子どもの化石は、どのようにして発見されたのだろうか?(解説は英語です)

 今から300万年以上前に二足歩行していた私たちの遠い親戚のアファール猿人(アウストラロピテクス・アファレンシス)は、人類の進化史において重要な位置を占めている。今回、アファール猿人の幼児の珍しい化石の研究から、その足に類人猿の特徴が残っていることが明らかになり、木登りに役立っていた可能性が出てきた。

 7月4日付の科学誌「Science Advances」に発表されたこの研究では、330万年前に4歳になる前に死亡したアファール猿人の女児「セラム」の足の骨を詳しく調査した。この化石から、アファール猿人の足がどのように変化したか、つまりこの猿人の成長過程の一部が見えてくる。

「アファール猿人の幼児と成人の体に何が起きていたのか、彼らの歩き方に変化があったかどうかを明らかにするものです。じつに魅力的な研究です」と、論文を査読した米国自然史博物館の古生物学者ウィル・ハーコート=スミス氏は語る。(参考記事:「アファール猿人、新発見の足跡から一夫多妻仮説」

 アファール猿人の化石で最も有名なのは、1974年にエチオピアで発見された320万年前の女性「ルーシー」の化石だ。その後、ほかのアファール猿人の化石があちこちで発見され、彼らの行動の詳細がわかってきた。(参考記事:「南アの初期人類化石、370万年前のものと判明」

2007年に米ヒューストン自然科学博物館で公開された320万年前のアファール猿人「ルーシー」の化石と、それを見る来場者。(PHOTOGRAPH BY DAVE EINSEL, GETTY IMAGES)
[画像のクリックで拡大表示]

 アファール猿人の腰と脚は多くの点でホモ・サピエンスによく似ており、彼らが二足歩行していたことに疑問の余地はほとんどない。しかし、骨格には類人猿に似た部分もあり、ホモ・サピエンスより木登りに適していたらしいことがわかっている。(参考記事:「“ルーシー”は樹上生活を送っていた?」

 こうした特徴の意味をめぐって、研究者たちは長年論争してきた。アファール猿人は二足歩行するだけでなく木にも登っていたのだろうか? それともこれらの特徴は進化的な名残にすぎないのだろうか? これまでの議論は、基本的に大人の化石を中心に進められてきた。アファール猿人の子どもの骨を調べることができれば非常に役に立つ。(参考記事:「猿人ルーシーの死因は木から転落? 注目の理由は」

次ページ:子どもは足で物をつかむことができた

おすすめ関連書籍

テクノロジーで加速する 人類の進化

雑誌「ナショナル ジオグラフィック日本版」の好評記事をデジタル化してお届けする「ナショジオ・セレクション」。

定価:本体300円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加