食肉にハンセン病リスク、ブラジルのアルマジロ

菌の保有率は62%、鶏肉のような味、最新研究

2018.07.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ココノオビアルマジロ。ブラジル西部のパラー州に生息するココノオビアルマジロの62%で、ハンセン病の原因菌である「らい菌」が確認された。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)
[画像のクリックで拡大表示]

 アルマジロは鶏肉のような味がするそうで、ブラジルではさほど珍しい食肉ではない。しかしこのほど、アルマジロを食べる習慣に警鐘を鳴らす研究結果が出た。アルマジロの肉はハンセン病を引き起こす可能性があるという。(参考記事:「動物大図鑑 アルマジロ」

「顧みられない熱帯病(neglected tropical disease)」の研究を扱う学術誌「PLOS Neglected Tropical Diseases」に6月28日付けで掲載された論文によると、ブラジル西部のパラー州で採取されたココノオビアルマジロ (Dasypus novemcinctus)の62%が、ハンセン病の原因菌であるらい菌(マイコバクテリウム・レプラ)を保有していることが明らかになった。

 それだけではない。ココノオビアルマジロの肉をよく食べる人の血液中にらい菌の抗体が著しく多く、アルマジロの狩猟、世話、摂取との強い相関関係がうかがわれた。

 特に問題なのが、ある地域で食べられているアルマジロのレバーのセビーチェ(生肉をタマネギとあえた料理)だ。らい菌は肝臓と脾臓に集中するからである。

 研究チームは現地の住民146人を検査したところ、そのうちの92人でらい菌の抗体の濃度が高かった。この結果は、らい菌への曝露が広く起きていることを示している。

 論文の上席著者である米コロラド州立大学の免疫学者ジョン・スペンサー氏によると、ブラジルのこの地域では、住民の約65%が少なくとも年に一度はアルマジロを食べているという。「これは多いと言えます。ロブスターを年に一度食べる米国人が65%もいるでしょうか?」(米国人の食生活に関する研究によると、その可能性は低そうだ)(参考記事:「【動画】パステルカラーのロブスターが見つかる」

人間とアルマジロの間を行き来するらい菌

 科学者たちは1970年代から、アルマジロがらい菌の保菌動物になっているのではないかと疑っていた。それが確認されたのは、分子遺伝学が進歩した2011年のことで、米テキサス州やルイジアナ州で、人間とアルマジロのらい菌株が一致していることが明らかになった。これは、人間とアルマジロの間にらい菌の行き来があることの動かぬ証拠である。(参考記事:「W杯マスコット、アルマジロの秘密」

 米国南部に住む人々にとっては幸いなことに、同地域に生息するココノオビアルマジロのうち、らい菌を保持しているものは全体の5分の1程度だ。ところが、ブラジルのパラー州では、その割合は3倍も高い。(参考記事:「アメリカでアルマジロが生息域を拡大」

【動画】かわいさ4倍、四つ子のアルマジロ:ココノオビアルマジロは高い確率で一卵性の四つ子を産むことで知られる。(解説は英語です)

次ページ:ブラジルでは毎年約2万5000件の症例

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加