ほぼ完全な中世の剣を発見、ポーランド

全長120センチ、持ち手には盾に十字の刻印も

2017.06.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この14世紀の剣は、長さ120cmで、重さはわずか1.5キロだった。(Photograph by Fr. Stanisław Staszic Museum)
[画像のクリックで拡大表示]

 600~700年前、ひとりの不運な騎士が泥炭地に落ちるか、そこで剣を落とすかしたようだ。ポーランド南東部、フルビェシュフ郡近郊の泥炭地で、信じられないほど保存状態のよい剣が発見されたことを受け、研究者らはそんな見解を示した。(参考記事:「沈没船41隻を発見、驚異の保存状態、黒海」

 建設作業員が掘削機を使って湿地の排水をしようとしていたところ、たまたまこの剣を発見、地元のスタニスワフ・スタシツ博物館に寄付された。13世紀末か14世紀中頃のものと見られ、柄以外はほぼ完全に残っている。

 博物館の館長バルトロメイ・バルテツキ氏がポーランドの科学誌PAPに語ったところによると、両手で扱うこのタイプの剣は「この地域では珍しい発見」だが、当時は騎士がよく持っていた武器のようだ。(参考記事:「埋葬用の剣、中世東欧の墓地発見」

 この地域は1366年からポーランド王国の一部になっていた。フルビェシュフにはポーランドの統治者によって城が築かれており、多くの騎士の働き口になっていただろう、と歴史を扱うブログ「History Blog」は書いている。盗掘を防ぐため、湿地の正確な場所は発表されていない。

剣の持ち手には、盾の中に正十字があしらわれた印が刻まれている。おそらく鍛冶職人によって付けられたものだろう。(Photograph by Fr. Stanislaw Staszic Museum)
[画像のクリックで拡大表示]

 博物館の研究者は、この長さ約120センチの剣は、作られた時には1.5キロほどの重さだったと推測している。

 博物館の考古学者が調査したところ、剣の持ち主は特定されていないものの、剣の持ち手には盾と正十字があしらわれた印が刻まれていた。これは鍛冶職人のブランドマークの役割を果たしていたものだろうと、バルテツキ氏はナショナル ジオグラフィックの取材に対し語っている。「中世の商号のようなものです」(参考記事:「17世紀貴族女性の棺から夫の心臓見つかる」

 剣が使われていた当時、この印は木、骨、角などでできた柄で覆われていたと考えられる。

【動画】中世の剣はこんなふうに使われていた(解説は英語です)

 剣はすでに分析と修復のため首都ワルシャワへ送られた。研究者らは、ほかにも印が見つかり、剣の持ち主の身元についてより多くのことが明らかになるのではないかと期待している。調査が終われば、剣はフルビェシュフに送り返され、9月には展示される予定だ。

 近日中に、ポーランドの考古学者のチームが再び発掘現場を訪れる予定だ。最初の調査では剣が発掘された場所の近くに遺骨などは見つかっていないが、同チームは、道具や装飾品など、騎士の所持品かもしれないものを発見したいと考えている。(参考記事:「遠方より来たる“泥炭地のミイラ”」

文=Sarah Gibbens/訳=山内百合子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加