【動画】車から降りたためにチーターに追われ、慌てて逃げる家族

 オランダのベークセ・ベルゲン・サファリパークで、小さな子どものいる家族が2頭のチーターに追われ、命からがら車に逃げ戻った。幸い、チーターは空腹だったわけではなく、縄張りを守ろうとしただけだったと、サファリパークの管理者ニールス・デ・ヴィルト氏はオランダのラジオ局に語った。(参考記事:「動物大図鑑 チーター」

 動画からは、幼い子どもを含む5人家族が、チーターが自由に歩き回るエリアで車を止め、30メートルほど先の土手の上に立っていたことがわかる。家族は日陰で休むチーターの群れの横を通り過ぎたすぐ後に車を降り、この大型ネコ科動物に背を向けて、何かほかのものを見ようと小高くなった場所に向かって歩いているところだった。すぐにチーターがこれに気づき、攻撃的なうなり声を上げて駆け寄ると、家族は大慌てで車に逃げ戻った。(参考記事:「世界最速のチーター死す、走る姿をもう一度動画で」

「私も親なので、動画の子どもを見たときは、どうなることかとぞっとしました」と話すのは、米カトーバ大学の保全生物学者で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーでもあるルーク・ダラー氏だ。大型のネコ科動物は最強の捕食者であり、彼らにとって私たちは獲物なのだということが忘れられていると指摘する。

 幸い怪我人は出なかったものの、これが別の種の大型ネコ科動物であれば、まったく違う結果になった可能性がある。「チーター保護基金(CCF)」の創設者で常任理事のローリー・マーカー氏は、チーターはライオン、ヒョウ、トラなどと違い、攻撃的な種ではないと説明する。「チーターは好奇心が強く、生息地に異変があると調べに来るのです」(参考記事:「大型ネコ科の特集7本まとめ」

 マーカー氏によれば、このようなことをした家族が無事に済んだのは、単に運が良かったからだ。「自分や小さな子どもを危険にさらしてまで、動物に近寄る価値などありません」

 2年前には、中国の北京近郊にあるサファリパーク「八達嶺野生動物世界」で、車から降りた女性がトラに襲われた。この女性は動物を近くで見ようとしたわけではなかったが、大怪我を負い、彼女を助けようとした母親は別のトラに殺された。(参考記事:「【解説】サファリパークでトラに襲われ死傷、中国」

次ページ:運が良かったからにすぎない

おすすめ関連書籍

100年後も見たい 動物園で会える絶滅危惧動物

『ナショナル ジオグラフィック別冊』シリーズの第7弾。動物を絶滅から救うプロジェクト「フォト・アーク」の一環。付録:A5サイズ・特製クリアファイル付き!

定価:本体1,400円+税