【動画】賢い鳥、イソップの難題をあっさり解決

難易度を上げてもすんなりクリア、高い課題解決能力を見事に証明

2016.05.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中米と北米で生息域を急速に拡大しているオナガクロムクドリモドキ(Quiscalus mexicanus)。途中で大きな石を水まで落ちないものにすりかえると、たちまち状況の変化に適応した。(説明は英語です)

 最新の研究で、オナガクロムクドリモドキ(Quiscalus mexicanus)の機敏な課題解決能力が明らかになった。

 ごほうびであるエサを組み込んだパズルに取り組ませたところ、クロムクドリモドキはさまざまな学習戦略を示した。さらに、パズルのルールが変わっても、彼らは柔軟に対応し、すぐにやり方を変えて再びエサにありついた。

 行動の柔軟性と呼ばれるこのスキルは、個々の課題解決能力(タスクをいかに短時間で解決できるか)と切り分けるのが難しく、人間以外での理解はあまり進んでいない。だが、5月3日付のオンライン学術誌「PeerJ」に掲載された論文によると、この結果は鳥の知性を詳しく知る重要な手がかりになりそうだ。(参考記事:「動物の知力」

「ハンマーを持ったら、すべての問題が釘に見えてきますよね。行動の柔軟性は、ある仕事を行うにあたり、正しい道具を使う能力です」と、ナショナル ジオグラフィック協会/ウェイト助成金プログラムの支援を受ける英ケンブリッジ大学のリサーチフェローで、同論文の単独著者であるコリナ・ローガン氏は述べた。(参考記事:「世界最大の鳥の巣、建造に「厳しい監督」が貢献」

過去200年で生息域を50倍以上拡大

 ローガン氏がこの実験を行ったのは、米カリフォルニア州立大学サンタバーバラ校在籍時である。氏は、コスタリカで初めてオナガクロムクドリモドキと出会ったときに、並々ならぬ賢さを感じたという。しかしこの鳥は、さまざまな伝説にも登場する賢いことで有名なカラス科の仲間ではない。(参考記事:「カラスが仲間の葬式をするって本当?」

「彼らは人の近くに歩いて行って、顔を覗き込むんです。まるで、エサをくれるのを待っているかのように。それを見て、『賢いカラスみたい』と思ったのを覚えています。彼らはまったくカラスとは関係ないのですが」

 この鳥の知性にローガン氏は驚かなかった。なぜなら彼らは非常に社会的な鳥であり、過去200年の間に中米における生息域を50倍以上広げ、今や米国南西部全域の都市でも繁栄している。(参考記事:「賢いインコ「ヨウム」、アフリカで激減」

 彼らのスキルをテストしてみたいと考えたローガン氏は、カリフォルニア州サンタバーバラ近郊の公園で8羽のオナガクロムクドリモドキを一時的に捕獲。彼らの機敏さと課題解決能力をテストするため、2つのパズルを提示した。

 1つは、イソップ寓話にヒントを得て、細長い容器に水を入れて、くちばしが届かない低い水面にエサを浮かべるというパズルだ。エサにありつくには、容器に石を落として水位を上げなければならない。(参考記事:「カラスの高い知能、イソップ話は実話?」

 もう1つのパズルは、金と銀で色の異なる2つの穴を見せるというもの。どちらか一方だけにエサが隠してある。

 これらは、他の動物で行動の柔軟性をテストする際に一般的に用いられる手法である。また、エサが移り変わるといったような、実際にオナガクロムクドリモドキが野生下で体験する状況に相当する。

鳥の学習能力も人間のように個性的

 鳥たちは難なく課題をクリアし、エサにありついた。そこでローガン氏は、さらに2つの変化球を用意した。

 イソップ寓話のテストでは、大きくて重い石と小さくて軽い石がある状況から、大きくて重い石だけを水に落とせない偽物に変えた。つまり、エサを口にするには、今度はあまり理想的ではなかった小さくて軽いほうの石を使わなければならない。もう1つのテストでは、2つの穴の色を入れ替えた。鳥はエサが隠されている穴を再び学習する必要がある。

 テストの結果、彼らはうまく切り替えることに成功し、新たな課題にも迅速に適応できることが証明された。

 加えて、驚くべきことに、個々のオナガクロムクドリモドキの機敏さは、それぞれの課題解決能力やスピードとは無関係であることもわかった。これは、行動の柔軟性がまったく別のスキルであることを意味する。

 さらに、課題へのアプローチ方法はそれぞれに異なり、各個体がそれぞれに固有な学習の癖を示していた。

「(ローガン氏は)学習に関して、個体レベルで変異が存在することを明確に示しました」と述べるのは、この研究に関与していない鳥の行動の専門家、米ワシントン大学のジョン・マズラフ氏だ。

「とても素晴らしい成果です。人間も同じなのはご存じのとおりです」(参考記事:「自転車を追いかけるダチョウの動画が話題に」

文=Michael Greshko/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加