ヒメキバシオナガガモの個体数の回復は、今回のネズミ根絶プロジェクトの目標の1つだ。(PHOTOGRAPHY BY OLIVER PRINCE, SOUTH GEORGIA HERITAGE TRUST)

 英領サウスジョージア島は塩水が吹き付ける極寒の孤島で、野生生物の楽園だ。「サウスジョージア・ヘリテージ・トラスト」は5月9日、この島で史上最大規模のネズミ駆除が完了したと宣言した。

 ネズミは知能が高く、適応力に優れ、食欲旺盛だ。そのため、在来種がネズミへの防御手段を進化させてこなかった孤島に人間がネズミなどの捕食者を持ち込んでしまうと、野生生物を食い荒らしてしまうことがある。南極大陸に近く、ペンギンやゾウアザラシやオットセイがいて、巨大な氷河のあるサウスジョージア島でも、人間によって持ち込まれたネズミが厳しい寒さの中で生き延びてきた。(参考記事:「ネズミと人間の付き合い、実は農耕以前からと判明」

 サウスジョージア・ヘリテージ・トラストの生息地回復プロジェクト運営委員会のマイク・リチャードソン委員長は、「サウスジョージア島には高木も低木もありません。在来種の巣は、どれも地上か地中の穴にあリます」と言う。そうした巣はネズミに襲われやすい。

 18世紀末に捕鯨船やアザラシ猟船に乗って島にやってきたサウスジョージア島のネズミたちは、アホウドリ、トウゾクカモメ、アジサシ、ウミツバメなどの海鳥の卵やヒナを食べてきた。なかでも、地球上でこの島にしか生息していない2種の鳥は、ネズミのせいで絶滅の危機に瀕していた。まだら模様の小さな鳴き鳥、サウスジョージアタヒバリ(学名:Anthus antarcticus)と茶色いカモの一種、ヒメキバシオナガガモ(学名:Anas georgica georgica)だ。(参考記事:「24匹が8億匹に! ウサギで豪大陸を侵略した英国人」

【動画】南極でペンギンに囲まれてカヤックをする。

 ネズミの根絶は大規模で困難な事業で、1300万ドル(約14億円)以上の費用と10年近い歳月を要した。駆除チームは、2010~2011年、2012~2013年、2014~2015年の南半球の夏にあたる時期に3回、ヘリコプターで300トン以上の毒餌を投下した。リチャードソン氏によると、毒が効いてきたネズミは地下に身を隠して死ぬことが多いため、毒で汚染されたネズミの死体をカモメなどが食べてしまう危険性は低いという。(参考記事:「ネズミ退治にホームレスのネコを起用、米国」

 2017年11月から2018年4月にかけて、16人のチームが島に戻り、ネズミが餌を食べたかどうか確認を行った。彼らは、ロウの塊をつけた木の杭や、植物油やピーナツバターを塗布したカードを島のあちこちに設置して、ネズミの噛み跡がつかないかどうか調べた。また、筒状の容器の中に餌を入れたものを数百本設置して、ネズミの足跡が付かないかどうかも調べた。さらに、訓練された探知犬に島内をくまなく嗅ぎ回らせ、ネズミを探させた。何も見つからなかった。ネズミはいなくなっていた。(参考記事:「鋭敏なのは嗅覚だけじゃない! 犬たちの超感覚」

次ページ:ネズミ駆除の新記録

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 鳥の箱舟【限定バッジ付き】

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

“絶滅危惧の鳥を守る”応援バッジの特典付き!

定価:本体2,600円+税