土星の環から地球が見えた、NASAが写真公開

最終ミッションに入った土星探査機カッシーニが撮影

2017.04.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土星の環の間に見える明るい点が地球。NASAの探査機カッシーニが撮影したもの。 (PHOTOGRAPH COURTESY NASA/JPL-CALTECH/SPACE SCIENCE INSTITUTE)
[画像のクリックで拡大表示]

 最終ミッションを開始したNASAの土星探査機カッシーニは現在、土星の環を通過している真っ最中だが、このほど、環の間に地球(と月)が小さな点として見える姿をとらえた。(参考記事:「土星探査機カッシーニ、最終ミッションを開始」

 この写真は4月12日、地球から14億キロ離れた地点から撮影したもの。土星から見た水の惑星、地球だ。小さすぎて写真ではわからないが、正面に見えているのは南大西洋。地球と月をクローズアップした写真の、地球のそばのぼやけた点が月だ。(次ページにクローズアップした写真

宇宙から見た地球の写真

 長年にわたり、カッシーニ以外にも数多くの宇宙探査機が、地球と月が一緒に写る幻想的な光景を撮影してきた。(参考記事:「宇宙から見た地球と雲の最新鮮明画像9点」「【動画】宇宙から見た地球の1年、NASAが公開」

 月面や国際宇宙ステーション(ISS)にいる宇宙飛行士たちは、地球や月がお互いの背後から姿を現す「地球の出」や月の出といった斬新な構図で撮影した。(参考記事:「息をのむほど美しいISSからの写真15選」

 他の宇宙探査機もレンズを地球に向け、驚異的な光景を撮影している。土星の環の後ろに見える地球とその傍らにある月の姿も、さまざまな角度から細部までくっきりととらえられた。

 多様な角度から地球と月を写真一枚に収めることができれば、地球からは見られない姿が細部まで明らかになる。たとえば月の裏側の状態は、宇宙時代が幕を開けて初めて知られるようになった。(参考記事:「地球の前を横切る「月の裏側」の撮影に成功」

 カッシーニは、今後数カ月にわたって土星の環を周回し続ける。また、火星を撮影しているHiRISEと呼ばれる高解像度カメラは、火星軌道をまわり続ける。これらの探査機は、他の探査機とともに、地球の新たな姿を送り続けてくれるだろう。(参考記事:「高解像度カメラHiRISEがとらえた火星の素顔」

次ページ:宇宙から見た地球と月のランデブー写真9点

【動画】土星探査機カッシーニの最終ミッション
1997年に打ち上げられた探査機カッシーニは最終ミッションに入り、土星に接近する。カッシーニは2004年に土星軌道に入り、それまで知られていなかった2個の衛星の写真を撮影した。2017年9月に土星の上層大気圏に突入し、燃え尽きる予定だ。(解説は英語です)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加