民家から絶滅危惧カメ1万匹を押収、密輸目的か

「浴室も、台所も、家中がカメだらけ」、マダガスカル

2018.04.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マダガスカルのトリアラで、住宅に押し込まれていた絶滅危惧種のホウシャガメ1万匹が当局により発見された。(PHOTOGRAPH COURTESY DREEF ATSIMO ANDREFANA)
[画像のクリックで拡大表示]

 マダガスカルの民家で、1万匹を超える絶滅危惧種のカメが押収された。

 4月、同国南西の町トリアラにある2階建ての家から悪臭がするとの通報を受け、警察官や環境省の担当者らが向かったところ、そこにはこれまで見たこともない光景が広がっていた。無数のカメが互いに重なるように、びっしりと床を覆っていたのだ。(参考記事:「【動画】犬と仲良しのカメ、いつも一緒の珍生活」

「想像を絶する、ひどい匂いでした。浴室も、台所も、家中がカメだらけでした」と、マダガスカル環境省の地方局長を務めるソアリー・ランドリアンジャフィザナカ氏は語る。

 この家にいたのはマダガスカル固有の絶滅危惧種、ホウシャガメ(学名:Astrochelys radiata)だ。9888匹は生きていたが、180匹は死んだ状態で見つかった。ランドリアンジャフィザナカ氏らが数えながら救助隊員とともに6台のトラックに積み込み、トリアラから30キロほど北のイファティにある民間施設「ル・ヴィラージュ・デ・トルチュ」(カメの村)まで運んだ。何往復もして、全部のカメを施設に運び終わったのは、翌日の早朝だった。(参考記事:「驚くほどかわいい、カメの写真17点」

カメの大部分は、生きてはいたものの、弱り、脱水症状になっていた。(PHOTOGRAPH COURTESY DREEF ATSIMO ANDREFANA)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在カメの世話をしている獣医師のナ・アイナ・ティアナ・ラコトアリソア氏によれば、大部分は生きており比較的元気だが、発見から1週間で、574匹が脱水症状や感染症で死んだという。

 当局は犯人の手掛かりをつかんでいる。容疑者として、男2人とこの家の持ち主である女1人が逮捕された。ランドリアンジャフィザナカ氏によれば、同氏らが到着したとき、男2人は死んだカメを庭に埋めようとしているところだった。

 今回、カメの救助を手伝った米国の「カメ類保存同盟(Turtle Survival Alliance)」のリック・ハドソン会長によると、ホウシャガメは大きなものでは重さ15キロ、甲長40センチになる。小型から中型のものは隠しやすく、いずれ国外に密輸されていただろうという。(参考記事:「珍しい動物のペットが中国で人気上昇、心配の声も」

 ランドリアンジャフィザナカ氏は、度を超したカメの数から見て、組織的な犯行に違いないという。「人物を特定はできませんが、黒幕がいるはずです」

次ページ:近絶滅種へ異例の4ランク変更

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

世界の動物園・保護施設で飼育されている生物をすべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3,600円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加