決定的瞬間、こうして撮った――写真家が語る

この1枚の陰に20万枚。米国グランド・ティートン国立公園

2016.05.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイソンの死骸に群がるカラスを追い払ったグリズリー。米グランド・ティートン国立公園で撮影した。ここは、車にはねられるなどして死んだ動物の遺体を公園職員が捨てにくる場所で、旅行者がやってくるエリアから離れた場所にある。(PHOTOGRAPH BY CHARLIE HAMILTON JAMES, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

ナショナル ジオグラフィック2016年5月号「イエローストーン」特集に掲載された画期的な一枚は、いかにして撮影されたのか。写真家チャーリー・ハミルトン・ジェームズが語る。

―――

 私はこの写真を、米ワイオミング州にあるグランド・ティートン国立公園で撮影した。「グレーター・イエローストーン生態系」の一角をなす、自然豊かな国立公園だ。

 何よりも、ティートン山脈を背景に、クマやオオカミの写真を撮りたいと考えた。そこである場所に、動きに反応してシャッターを切るカメラトラップを設置した。ある場所とは、公園の職員が、車にはねられて死んだ動物をときどき捨てに来る場所だ。カメラはここで何カ月もかけて、およそ20万枚もの写真を撮った。

 カメラを入れたボックスにはカムフラージュを施したものの、それ以外はクマやオオカミから隠す工夫はしなかった。なぜなら彼らは、視覚よりも嗅覚への依存が強い。それに、いずれにしてもカメラがあることには気づいていただろうから。

 私は週に1度、武装したパークレンジャーと一緒にカメラをチェックしに行った。食事をするクマに近づくのは危険が伴うからだ。128GBのカードを2枚挿入したデジタル一眼レフカメラNikon D7100に写っていたのは、ほとんどカラスやハゲワシだった。車の中で、ノートパソコンでさっと確認し、いいものは保存し、悪いものは削除した。その後カードをリセットし、バッテリーをチェックし、その場を離れるという作業を繰り返した。

 冒頭の写真は、ある朝に撮られたものだ。おとなのグリズリーのオスが走ってきて、バイソンに群がるカラスを追い払った。その動きにセンサーが反応し、シャッターが切れた。クマの写真を見つけたとき、私はとても興奮した。望み通りの写真が得られるまで、実に5カ月近くもかかったのだ。自分が撮った写真を気に入ることはめったにないが、この写真は本当に気に入っている。

 ただひとつ、いちばん上のカラスがグランド・ティートン山にかぶって飛んでいることだけが歯がゆいけれど。

【この写真が掲載された特集】2016年5月号:イエローストーン 自然保護の実験場

文・写真=Charlie Hamilton James/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加