27年一度も人と接触せず、ある森の「隠者」の真相

謎の窃盗犯はなぜ世を捨てたのか、そこに教訓はあるのか、米メイン州

2017.04.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米メイン州オーガスタのケネベック郡上位裁判所に連行されるクリストファー・ナイト。彼は森の中にひとりで暮らし、所有者が不在の別荘で盗みを繰り返していた。(PHOTOGRAPH BY ANDY MOLLOY, KENNEBEC JOURNAL, AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 1986年、20歳のクリストファー・ナイトは、米マサチューセッツ州の自宅から車でメイン州へ向かい、そのまま森の中へと姿を消した。彼は深い森の奥にテントを張って暮らし、近隣の別荘から盗んだものを食べて生き延びた。30年近く、他人と会話をすることはなかったが、最後は障害者用のサマーキャンプ場に盗みに入ったところを逮捕された。

 人は何をきっかけに世捨て人となるのだろうか。ナイトはただ単に、孤独を好む反社会的な人間だったのだろうか。それとも彼の行動のどこかに、我々が学ぶべき教訓があるのだろうか。「ナショナル ジオグラフィック」誌にも寄稿しているジャーナリストで、この事件の真相に迫り『The Stranger in the Woods: The Extraordinary Story of the Last True Hermit(森の中の不審者:最後の真の隠者に関する驚くべき物語)』を上梓したマイケル・フィンケル氏に話を聞いた。(参考記事:「星を食らうブラックホール」

マイケル・フィンケル氏の著書『The Stranger in the Woods: The Extraordinary Story of the Last True Hermit(森の中の不審者:最後の真の隠者に関する驚くべき物語)』。(PHOTOGRAPH COURTESY PENGUIN RANDOM HOUSE PUBLISHING)
[画像のクリックで拡大表示]

――クリストファー・ナイトは、1000回以上盗みを働き、被害に遭った人々の心の平穏を奪いました。あなたはなぜ、この極めて反社会的な人物についての本を書こうと思ったのでしょうか。

 窃盗に関する話も興味深いのですが、私が強く惹き付けられたのは他の側面です。彼は27年間、メイン州の森にたったひとりで暮らし、冬でもたき火をすることさえありませんでした。その間、誰とも話していませんし、メールなど、外の世界とのやり取りも一切していません。

 一方で、彼は食料、電池、懐中電灯だけでなく、大量の本を盗んでいます。他の人類との接触を完璧に断った人物に、なぜ社会を捨てたのか、我々についてどう思っているのかを尋ねてみたいと私は思いました。人類は何千年も前から、隠者と呼ばれる人たちに人生の意味を問うてきました。私はその原始的な好奇心に抗えなかったのです。

――ナイトの経歴について教えて下さい。彼はなぜ社会から離れることにしたのでしょうか。

 ナイトはメイン州中部で、周りとは関わりを持たない、非常に特殊な家庭で育ちました。兄が4人、妹が1人いました。ナイト家の子供たちはたいそう頭がよかったようです。低中産階級で、あまり裕福ではありませんでしたが、夜にはシェークスピアや詩を読むような家庭でした。自動車や配管の修繕も自分たちでこなしました。一家で作った温室の下には、水の入った1ガロン容器を大量に埋めていました。水が日中に熱を集め、夜に放出することを知っていたのです。おかげで寒さが厳しい冬の間も、電気代を1セントも払わずに野菜を育てることができたそうです。

 ナイトは子供の頃から非常に内気で、人とのやりとりは恐ろしいほど複雑なものだと感じていました。そして20歳のときに車でメイン州北部に向かうと、車内にキーを置いたまま、歩いて森に入ったのです。家族は警察を呼ぶこともせず、行方不明届けも出しませんでした。私は地元の警察に、家族が捜索願を出さなかったことを不思議に思わなかったのかと尋ねました。警察はこう答えました。「思いませんでした。あの一家はほとんど人付き合いをしませんでしたから。息子がいなくなったら、それはそれで仕方ないという気持ちだったのでしょう」。家族が息子のことを心配したのは間違いないと思います。しかし警察には知らせなかった。それはあの家族の流儀に合わないことだったのです。

次ページ:なぜ誰にも見つからなかったのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加