【動画】恐怖の断崖、バイクでヒマラヤに挑戦

オランダから1万6000キロ、3カ月で14カ国を訪問

2018.04.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】バイクでヒマラヤに挑んだ男。81日間で14カ国を訪れた。(解説は英語です)

 オランダ人のロバート・ヤン・ファン・デル・カーイ氏は子供のころから冒険心旺盛だった。ある日、男性が何カ国も旅するドキュメンタリー番組を見て、自分もいつか同じようなことに挑戦しようと決意した。約10年後、ファン・デル・カーイ氏は運転免許を取り、2013年、初めてのオートバイを購入した。そして2年後、彼はオートバイに乗り、オランダの自宅からインドまでの一人旅に出かけた。3カ月弱で1万6000キロ以上走る過酷な旅だ。

 ファン・デル・カーイ氏は現在30歳のグラフィックデザイナー。2014年9月、オランダのデザイン学校ウィレム・デ・クーニング・アカデミーを卒業した直後に、旅の計画を立て始めた。バイク旅行記をいくつも読み、必要書類を用意し、グラフィックデザインの仕事で旅の資金を貯めた。そして2015年8月、「ペリー」と名づけた青いバイクとともに、最小限の荷物を積んで東に向けて出発した。(参考記事:「空飛ぶスケボー、空飛ぶバイクの時代がやってくる?」

「心の準備はできていましたが、道具の準備は整っていませんでした」。ファン・デル・カーイ氏はメールでナショナル ジオグラフィックの取材に応じた。「長旅に適したバイクではありませんでしたし、私自身もオフロードの経験はゼロでした。かばんもすべて安物でした。それでも、計画を取りやめようとは思いませんでした。むしろ、そうした障害が未知への欲望を高めてくれたのです。自分自身とバイクの力を試し、東へ進み、何が起きても適応してみせると決めました」

過酷な旅

 ファン・デル・カーイ氏はドイツ、トルコ、パキスタンなど14カ国を訪問。多様な人々や風景に遭遇し、能力の限界を試された。何人ものバイク旅行者と出会い、野外で眠ることもあった。そして、すべての体験を「Going Eastwards(東へ)」というブログに書きつづった。(参考記事:「携帯で変わるパキスタンの伝統社会、写真21点」

 しかし、3カ月弱の冒険は試練の連続だった。ときには、ガソリンスタンドを求めて何キロも走り、最終的には資金も底をついてきた。旅の終盤にはバイクも壊れたが、地元の人が助けてくれた。

メキシコ、バハ・カリフォルニア州をオートバイで走る:バイクの後ろに乗り、米国カリフォルニア州サンディエゴからメキシコ、バハ・カリフォルニア州まで走った。(解説は英語です)

「彼は私を見ると、たどたどしい英語で『あなたの問題は私の問題。一緒に解決しよう』と言ってくれました」とファン・デル・カーイ氏は振り返る。「この旅を通じて、自分は本当に弱い人間だと痛感したのは、このように大切なつながりができたときです」(参考記事:「ローカル列車での出会い12点」

次ページ:恐怖の山道

おすすめ関連書籍

ナショナル ジオグラフィック トラベラーエクストリームな旅に出よう

人気上昇中の旅、世界の最新スポットを先取り!

定価:本体1,850円+税

  • このエントリーをはてなブックマークに追加