【動画】あの巨大魚も!メコン水系の驚異の大回遊

移動する魚は100種以上、調査プロジェクトが進行中

2017.04.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】科学者たちをトンレサップ川へと引き付ける魚の大移動(解説は英語です)

 カンボジア、トンレサップ川の濁った水の中では、形も大きさもさまざまな何十億もの魚たちが毎年、地球最大級の回遊を繰り広げる。

 ナショナル ジオグラフィックの研究員ゼブ・ホーガン氏は「ほとんどの人がまったく聞いたこともないような壮大な移動です」と話す。

 ホーガン氏は現在、米国国際開発庁(USAID)のプロジェクト「Wonders of the Mekong(メコン川の驚異)」のリーダーとして、魚たちの回遊を研究、記録している。プロジェクトのテーマは、メコン川下流域の持続可能な開発だ。(参考記事:「巨大魚フォトギャラリー:瀬戸際の巨大魚たち」

まずは巨大魚から

 魚たちの回遊は9月下旬~10月上旬に始まる。東南アジア最大の湖、トンレサップ湖の水深がピークに達すると、湖とメコン川をつなぐトンレサップ川に大量の水が流れ込み、魚たちをメコン川まで運ぶのだ。(参考記事:「トンレサップ湖の水上生活」

 最初に動き出すのは世界最大級の淡水魚たちだ。その一つがメコンオオナマズで、体長3メートル、体重270キロを超える個体もいる。カンボジアでは魚の王様と呼ばれている。それからメコンオオナマズにも負けないくらい巨大なコイ、パーカーホ。パーカーホはカンボジアの国魚でもある。どちらも絶滅の危機に瀕している。(参考記事:「動物大図鑑 メコンオオナマズ」「動物大図鑑 パーカーホ」「パーカーホ、ダム建設で危機」

 その後、数カ月にわたり、100種近くの魚たちが川を下る。ダトニオや淡水フグ、そしてウナギの仲間などだ。理由はわかっていないが、移動する魚の数は満月の数日前に最も多くなる。

 1月までには、「トライ・リエル」(トライは魚、リエルはカンボジアの通貨単位)と呼ばれる銀色の小さなコイが大部分を占めるようになる。そのころには、川は魚であふれ返り、「小さな網を水の中に入れるだけで、網いっぱいの魚を捕まえることができます」とホーガン氏は話す。

 この回遊は水系における水の流れ方と密接に関係している。1年のうちの大半の期間、トンレサップ川は湖から出てカンボジアの首都プノンペンに向かって約120キロ南下し、大河メコン川に流れ込む。ところが、夏の雨期になると、メコン川の水位が急上昇し、トンレサップ川の水位を押し上げる。

 その結果、トンレサップ川の流れる向きが変わり、世界でもあまり例のない逆流する川となる。メコン川上流の産卵場所で生まれたばかりの稚魚もトンレサップ川に流れ込み、湖にやって来る。トンレサップ湖の面積は乾期の最大10倍まで拡大し、稚魚たちはそこに忍びこみ、大きく成長する。

 そして、9月から10月にかけて、雨期が終わり、水が引いていくと、トンレサップ川は再びゆっくりと南に向かって流れていく。壮大な回遊が始まるのはこのときだ。

次ページ:毎年どれくらいの魚が回遊している?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加