【動画】通学路は断崖絶壁、中国四川省

ぐらぐら揺れる竹ばしごから鉄製のはしごにかけ替えられた

2017.03.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【動画】命がけで断崖絶壁を登らせてまで、子供に通学させますか? それを実践している子供たちの映像です。(解説は英語です)

 中国南西部の山奥。これまで子供たちは、震えあがるほど切り立った絶壁を伝って命がけで通学していたが、最近、ようやく安心して上り下りできるようになった。2016年11月に鉄製のはしごが設置されたおかげだ。

 子供たちが住む村、阿土勒爾村(アトゥラール村)は、中国南西部、四川省の人里離れた山岳地にある。子供たち(最年少はわずか6歳)は、ぐらぐらと揺れる頼りないはしごを使い、絶壁を這うようにしながら学校へ向かう。北京の大衆日刊紙「新京報」がその様子を報じたところ、その写真はあっという間に拡散した。通学路には安全を期するための手すりはなく、命綱もつけていなかったのだ。(参考記事:「中国 巨岩の帝国」

 断崖を命がけで通学する写真によって、村と子供たちが一躍有名になったことで、地元当局は100万元(約1600万円)を調達し、もっと安全で現代的な鉄製のはしごを設置した。(参考記事:「決死の道路建設」

「これまでは危なくて仕方がありませんでした。鉄のはしごができて、子供も大人もみんなほっとしています」と、村のある住人は中国中央電視台(CCTV)に語った。「安心して上り下りできるようになったので、これで私たちも貧しい生活から抜け出せる自信が持てます」

 山の麓と山頂にある村を安全に往復できるようになったため、今後は観光客も呼び込めるのではないか、と村の人は期待している。この村には圧倒されるほどすばらしい景色が広がっていますし、昔ながらの生活がそのまま残っていますから、と彼らは語っている。(参考記事:「世界最大級、49個の巨大陥没穴群を中国で発見」

文=Alexandra E. Petri/訳=潮裕子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加