新種の毒ガエルを鳴き声で発見、ペルー

アマゾンの熱帯雨林にはまだまだ新種がいる可能性も

2017.01.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤドクガエルは派手な色と毒をもつ。(PHOTOGRAPH BY CHARLIE HAMILTON JAMES, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 南米ペルーのアマゾン源流域の奥深く、「マヌー生物圏保護区」の川辺で、研究者シャーリー・ジェニファー・セラーノ・ロハス氏が身をかがめる。熱帯雨林の音を録音しながら耳を澄ますと、聞き慣れないカエルの鳴き声が聞こえてきた。そう遠くはない。しかし、声の主を突き止めようと振り向いた瞬間、その声は消えた。

 2013年の夏のことだった。ペルーのクレース財団の上級フィールド科学者であるセラーノ・ロハス氏は、この地域に生息する両生類について調査していた。これまでありとあらゆる鳴き声を聞いてきたが、あれだけは何の声かわからなかった。

 その日キャンプに戻ったあと、録音データを確認したアドバイザーのアンドリュー・ウィットワース氏も同意見だった。おそらく新種だ。

 その後、何度か同じ川を調査した結果、ついに声の主を採集することに成功した。2本のオレンジ色の線が入った黒い毒ガエルだ。さらに数年をかけて、遺伝子や進化の過程などの詳しい分析が行われた結果、このカエルはヤドクガエル科の新種であることが確認され、Ameerega shihuemoyと名付けられた。

 1月16日付けの動物分類学の学術誌「Zootaxa」誌には、このカエルの詳細が掲載されている。

新種のヤドクガエルを発見したペルーの爬虫両生類学者、シャーリー・ジェニファー・セラーノ・ロハス氏。(PHOTOGRAPH BY CHARLIE HAMILTON JAMES, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

毒ガエルの魅力

 アマゾンの先住民たちは、狩猟用のやりに毒を塗って使ってきた。毒として使う動植物はさまざまだが、そのひとつが毒をもつヤドクガエルの仲間だ。しかし、米イースト・カロライナ大学の進化生物学者カイル・サマーズ氏によれば、爬虫両生類学者たちがヤドクガエルに興味を示す理由は毒だけではない。(参考記事:「動物大図鑑 ヤドクガエル」

 たとえば、ヤドクガエルは驚くべき子育てをしている。多くのカエルのオスはメスが卵を産むと立ち去ってしまうが、ヤドクガエルのオスは産卵場所にとどまり、卵に水分が行きわたるよう、きちんと水に浸かっているか気を配る。卵が孵化すると、オスはオタマジャクシを小さな水たまりに移し、メスはさらに卵を産む。それは子供たちに食べさせるための卵だ。(参考記事:「謎多き新種ヤドクガエル、パナマで発見」

 また、ヤドクガエルは派手だ。「目立つ色をしているのは、おそらく捕食者に対する警告でしょう。食べないほうがいいという意味なのです」とサマーズ氏は話す。(参考記事:「色覚のない敵に「派手さで警告」は通用するか?」

【動画】イチゴヤドクガエル(解説は英語です)

絶滅する前に発見できるか

 人間の活動によってアマゾンの熱帯雨林が年々縮小しているのは周知の事実だ。セラーノ・ロハス氏のような科学者たちにとって、絶滅する前に新種を記録できるかどうかは、時間との闘いだ。ペルー政府は、国土の生物多様性を維持しようと努力している。マヌー生物圏保護区もその一つだ。(参考記事:「アマゾンの巨大ダムが7割の動物を絶滅させる恐れ」

 保護区内には、商業活動や道路建設が禁じられている国立公園と、それよりも規制の少ない、公園との間の緩衝地帯がある。(参考記事:「熱帯雨林のために戦うペルーの生態学者」

 初めてAmeerega shihuemoyの鳴き声を聞いたとき、セラーノ・ロハス氏は緩衝地帯にいた。「とてもスリリングな発見でした。しかし、この種は絶滅の危機に瀕しています。保全計画を進めなければ、状況は悪化することになるでしょう」(参考記事:「ピラルクーの新種を「発見」、複数存在か」

 サマーズ氏も同意見だ。サマーズ氏によると、マヌー生物圏保護区はカエルなどの生物多様性が豊かな「ホットスポット」であり、今回の発見も人類はまだこの地域についてほとんど何も知らないことを示すものにほかならない。いまだ発見されていない毒ガエルもまだたくさんいるはずだ。(参考記事:「アマゾンの新種:ヤドクガエル」

 問題なのは、サマーズ氏の言うように、「研究が始まる前に彼らがいなくなりつつある」ことだ。

文=Carrie Arnold/訳=鈴木和博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加