【動画】セイウチは鳥で遊ぶ、初の報告

北極圏の島で74回観察、殺意はない?

2017.01.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
海鳥と遊ぶセイウチ
セイウチが海鳥に攻撃を仕掛けている様子はこれまでも確認されていたが、ロシアにほど近いチュクチ海のコリューチン島沖で行われた研究によると、そのうちの一部は、少なくともセイウチにとっては遊びなのだという。74回の観察のうち、鳥が死んでしまったケースは1回のみだった。

 セイウチが遊び好きな動物だと聞くと、意外に思う人は多いだろう。専門家でさえ、体重が1.5トンもあるセイウチはアシカやアザラシと違って遊び心に欠けると考えていた。ところが、ロシアにあるサンクトペテルブルク大学の動物学者アンドレイ・ギルジョフ氏が共同執筆した論文によると、セイウチはこれまでほとんど研究されてこなかったために、そのような誤解が生まれたのだという。

 そこで、ギルジョフ氏は同僚の動物学者カリナ・カレーニナ氏とともに2015年、ロシア極東のチュクチ海に浮かぶコリューチン島に1カ月間滞在し、セイウチの大群を観察した。浜に寝そべる数百頭ものセイウチたちの行動を邪魔しないように、寒風吹きすさぶ中、凍てついた崖の上から調査した。結果、2人はセイウチと海鳥が触れ合う場面を74回観察し、遊び方には数通りあることに気付いた。セイウチの遊びを観察したものとしては初めての報告である。

「若いセイウチがこのような行動を取るのは、恐らくほかの動物が遊ぶのと同様、身体的能力と社会性を養うためだと思います」と、ギルジョフ氏は述べている。この研究は動物行動学の専門誌「acta ethologica」に発表された。(参考記事:「ちょっと意外なセイウチ、賢く、愛情深く、音楽的なセンスも」

どんな鳥でもおかまいなし

 若いオスのセイウチが浜辺で戦いごっこをやることは以前から知られていた。これは、交尾期に恋敵と争うための準備と考えられていた。

 しかし今回の論文で新たにわかったことは、オスもメスも鳥をおもちゃのようにして遊んでいるらしいということだ。

 海面に浮かぶ生きた鳥に忍び寄って脅かしたり、また時には海に潜って無防備な鳥の目の前に突然飛び出し、牙を使って襲ってみたりする。シロカモメ、ミツユビカモメ、エトピリカなど、どんな種でもおかまいなし。とにかく、海に浮かんでいる鳥なら、遊びの対象になる。

 遊んでいるのはほとんどが若いセイウチで、遠目からオスとメスを区別するのは難しい。セイウチは、成長するまで性別による行動の違いは現れず、若いうちはオスであってもメスであっても遊ぶのだろうと、ギルジョフ氏は考えている。また、74回の観察のうち、鳥が死んでしまったケースは1回だけだった。セイウチに、おもちゃを殺す気はないようだ。(参考記事:「【動画】賢い鳥、イソップの難題をあっさり解決」

シロカモメと遊びながら、ヒレ足を水面に打ち付けて水しぶきを上げる若いセイウチ。(PHOTOGRAPH BY ANDREY GILJOV)
[画像のクリックで拡大表示]

複雑な遊び行動も

「観察していて特に興味深かったのは、鳥の死骸のような対象物を使った遊び行動です」と、ギルジョフ氏。「1頭だけで遊ぶこともあれば、仲間と一緒になって遊ぶこともありました」

 鳥の死骸は、捕食者である大型の鳥が落としたものか、海から浜に打ち上げられたものかはわからない。とにかくセイウチは見つけた死骸をつかむと海の中へ潜り、そこで放して水面へ浮上させる。するとセイウチも浮上して再びそれをつかみ、海中へ引き込む。これを8回繰り返していた。

 またある時は、海鳥の死骸を口にくわえた1頭のセイウチが、ほかのセイウチたちに囲まれてもみくちゃにされていた。もまれていたセイウチが死骸を放すと別のセイウチがすぐさまそれを奪い、円の中心に入る。フットボールを奪い合う子どもたちの姿に似ている。

「このような複雑な遊び方は、霊長類以外ではほとんど見られません」

本当に遊んでいるのか

 鳥の死骸で遊んでいたセイウチが、その鳥を食べることもあった。セイウチは、いつもなら貝類を好んで食べる。ということは、鳥を追いかけているのは遊ぶためではなく捕食行動と見るべきなのだろうか。

 どちらの可能性も考えられる。

 米テネシー大学の比較行動学者ゴードン・M・バーガート氏によると、動物の遊びは、求愛、争い、摂食行動といったほかの行動から派生することがあるという。「ネコも、ゴム製のネズミのおもちゃや本物のネズミの死骸を食べる前に遊んだりするでしょう。また、飼い主の投げた棒を取りに犬が走るのは、獲物を捕らえようとする行動にも似ています」

 バーガート氏は、セイウチの行動に特に詳しいわけではないとしながらも、今回の研究は「遊び」と定義しても良いだろうと語る。繰り返して行われ、ほかにも動物がよく見せる行動と全く一緒ではないが、よく似ていて、楽しみを伴うもの。また、動物がストレスにさらされている状態ではなく、健康時に見せる行動であることも重要な点だ。

 この現象をさらに理解するには、セイウチから昆虫、魚まで、これまで遊び好きとは考えられていなかった種を研究することが必要だと、バーガート氏は付け加えた。

 コリューチン島で1カ月過ごし、太陽を見たのはそのうち3回だけというギルジョフ氏にとって、バーガート氏の見解はありがたいことだろう。作業服についたセイウチの排せつ物の臭いがとれるのに、それからさらに半年がかかったという。

「でも、惨めだとかつらいと思ったことはありません。北極圏の厳しい自然には、独特の美しさがありますから」と、ギルジョフ氏は語った。

文=Jason Bittel/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加