新種“眠れる美女”カエルを発見、ペルー

裏返したらびっくり! 一瞬で形を変えられる注目の種類の仲間

2016.08.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pristimantis pulchridormientesの背側。一見、特に珍しいカエルには見えない。(PHOTOGRAPH BY GERMÁN CHÁVEZ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ペルー中央部のアンデス山脈の麓に、変わった色の小さなカエルがひっそりと暮らしていた。2014年11月のある夜、ペルーにある鳥類学・生物多様性センターの生物学者ヘルマン・チャベス氏は、ティンゴ・マリア国立公園の森の中で、それまで聞いたことのないような生き物の鳴き声を耳にした。声の主を探すと、木の上に体長2.5cmほどの小さな茶色いカエルがいた。一見、どこにでもいそうなこのカエルは、おとぎ話のカエルのように秘密を隠し持っていた。

「腹側を見るために裏返したら、脚の付け根が鮮やかな赤だったので、とてもびっくりしました」とチャベス氏。

 カエルの体色は実に多様で、属によって股の部分の色もさまざまだ。近縁種のカエルには、脚の付け根、もも、すねに黄色や茶色やオレンジ色の斑点があるものがいる。けれどもこれほど鮮やかな、しかも赤い色をしたカエルは見たことがなかった。(参考記事:「半透明のかわいい新種カエル、コスタリカで発見」

「この色がどんな役割を果たしているのかはまだ分かりませんが、まずは、このカエルに名前をつけることにしました」と、共同発見者である米国、南イリノイ大学のアレッサンドロ・カテナッツィ氏は言う。(参考記事:「【動画】カエルの交尾に「7番目の体位」発見」

 チャベス氏とカテナッツィ氏は2年に渡ってこのカエルを分析し、未知の新種であることを確認。科学誌「ZooKeys」に論文を発表した。学名は、「眠れる美女アマガエル」という意味のPristimantis pulchridormientesに決まった。このカエルが見つかった山脈が、女性が体を横たえて眠っている姿に似ているとして、地元の人々に「眠れる美女」という名前で呼ばれているからだ。

オスのPristimantis pulchridormientesの腹側。太ももの腹側が鮮やかな赤色だ。(PHOTOGRAPH BY GERMÁN CHÁVEZ)
[画像のクリックで拡大表示]

紛争地から安息の地へ

 熱帯産のPristimantis属のカエルは、ペルーだけで実に131種が生息しており、驚くほど多様性に富んでいるが、研究は進んでいなかった。

 米オハイオノーザン大学の生物学者キャサリン・クリナック氏は今回の研究には関与していないが、「野外調査で初めてPristimantis属のカエルを見せられたとき、なぜこのカエルを研究している人がいないのか尋ねました。するとある大学院生に『小さな茶色いカエルに魅了される人はそういないからでしょう』と言われたのです」と回想する。「信じられない答えでした。彼らはただの小さな茶色いカエルではないのです。注意深く見ないと、そのすばらしさに気がつかないかもしれませんが」(参考記事:「体長1センチの新種カエル、7種を発見」

 著名な両生類学者のウィリアム・デュエルマン氏やジョン・リンチ氏らの先駆的な研究に触発され、科学者たちは今では、Pristimantis属のカエルが非常に興味深い生物であることをよく知っている。最近では万華鏡のように色とりどりの種類が見つかり、なかには絞り染めのTシャツを着ているような模様のものもいる。さらに、以前クリナック氏が他の研究者と共同で発見したものは、なめらかな肌からトゲトゲした肌へ、一瞬にして形を変えられる。既知の脊椎動物の中で、そんな芸当ができるものはこのカエルだけだ。(参考記事:「トゲ肌からツル肌に早変わりする新種カエルを発見」

 2014年に行った野外調査の成果は、新種のPristimantisを発見できたことだけではなかった。ティンゴ・マリアは1965年に設立されたペルー最古の国立公園だが、生物調査が実施されたのは、これが初めてだったのだ。

 これほど長い間調査が行われなかった理由のひとつは、この公園は鳥やコウモリが棲む洞窟として名高い「ラ・クエバ・デ・ラス・レチュサス(フクロウの洞窟)」と「眠れる美女」の山脈を保全するために設立されたもので、生物多様性を保護するためのものではなかったからだ。


小さな新種のカエルを偶然発見:2012年11月15日の夜、ペルー奥地の雲霧林で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーが小さな大発見をした。紹介しているPristimantis属を含め、彼はこの遠征で、合わせて7種の新種のカエルを発見した。(音声は英語です)

 それに加え、広さ48平方キロメートルのこの保全区域は、最近まで野外調査を実施できるほど安全な場所ではなかった。1980年代には、ティンゴ・マリアの周辺ではコカインの密売が広く行われていたほか、周囲の谷ではペルー政府軍と極左武装組織センデロ・ルミノソが死闘を繰り広げていた。今ではかなり安全になり、2015年に公園でコカが栽培された形跡はない。「今は安心して調査を行えます」とチャベス氏は言う。

カエルを救い、地球を救う

 カタナッチ氏とチャベス氏は、今回の発見を通じて、これまで知られていなかったティンゴ・マリアの生物多様性に注目が集まり、科学研究にとっての重要性が知れわたることで、この地域を保護する動きが高まることを期待している。「概して、保護地域で科学研究が数多く行われるほど、保護体制も万全になっていきます」とカタナッチ氏。「科学研究に敬意が払われ、それによって公園の価値が高まるのです」

 科学者たちは、世界的な両生類ペットブームによる乱獲や、猛威をふるうツボカビ症、石油産業や鉱業の発展による森林伐採などにより、ティンゴ・マリア国立公園内だけでなく、この地域全体のカエルたちが危機にさらされていると警告する。(参考記事:「「カエルの楽園」で致死的なカエルツボカビを発見」

「カエルを救い、ひいては私たち人類を救うために変えなければならないことはたくさんあります」とクリナック氏。「両生類は、人類が環境を害していると訴えています。私たちは彼らの声に耳を傾ける必要があるのです」(参考記事:「絶滅寸前のカエルを火山から救え! エクアドル」

ナショジオ厳選!キュートな生き物フォトギャラリー
フォトギャラリーはこちら(PHOTOGRAPH BY DAVID LITTSCHWAGER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

文=Michael Greshko/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加