豊かなサンゴ礁に魚の「尿」が不可欠、漁で打撃も

「種の数」だけでなく「種ごとの量」の重要性も明らかに

2016.08.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バハマ諸島のニュープロビデンス島沖で、海に浮かぶボートを取り囲むペレスメジロザメ(学名:Carcharhinus perezi)。カリブ海諸国にとって漁業は命綱だ。漁業は重要な食料供給源であり、この産業に従事する人々は14万2000人を超える。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 2000年前、ローマ皇帝ウェスパシアヌスは、羊毛の洗浄などに使われた人間の尿に税を課した。息子がこの政策に異議を唱えると、皇帝は金貨を息子の鼻先に掲げて「臭うか?」と尋ねたという。何から得たものであろうと、金は金であるというわけだ。(参考記事:「古代ローマにトイレ税、世界5つのヘンな税」

 尿に価値を見出したウェスパシアヌスなら、きっと優秀な海洋生物学者になれたに違いない。サンゴ礁にとって、尿はまさしく宝だ。サンゴ礁の驚くべき生物多様性は、重要な栄養源である「魚の尿」抜きにはありえない。

 悩ましいのは、その栄養源を大量に供給し、食物連鎖の頂点に位置する大型の魚が、人間に人気の食材であることだ。先日、学術サイト「Nature Communications」に掲載された論文によると、サンゴ礁で魚が関わる再循環作用の半分近くが、漁業によって失われてしまう可能性があり、大型魚、とりわけ大きな捕食魚の影響を強調している。

「魚の尿を守ろう、などと言うと、奇妙に聞こえるかもしれません」と、論文の著者で米国ワシントン大学博士研究員のジェイク・アルガイヤー氏は言う。「しかしこれが、サンゴ礁について別の視点から考えるきっかけになってくれるのではないでしょうか」(参考記事:「多様な海洋生物を育むクジラの死骸」

尿はごちそう

 アルガイヤー氏は数年前から尿について研究し、カリブ海の魚や無脊椎動物がどのように尿を排泄しているのかをつぶさに観察してきた。尿に着目した彼の調査と、過去30年間に行われた数々の意義ある研究により、サンゴ礁は大量の尿によって保たれているという驚きの発見がもたらされた。(参考記事:「大洋のオアシス 海山を探る」

 魚の肛門から排泄されるリンや、エラから排出されるアンモニウム(窒素成分)は、サンゴ礁に適度な栄養素を与える。この再循環はサンゴ礁にとって欠かせない。世界のサンゴ礁の多くは、新たな栄養素を確保する手段をほとんど持たないからだ。リンや窒素などの栄養素は食物の形で食物連鎖の上位へと取り込まれていき、やがて排泄されて下層へと戻ってくる。

「我々には栄養素が過剰にある状態が当たり前すぎて、栄養素を得るのが難しい生態系については忘れがちです」とアルガイヤー氏を指導する米ジョージア大学の生態学者、エイミー・ローズモンド氏は語る。「サンゴ礁のぎりぎりの栄養循環において、生物が利用可能な形の栄養素の大半は魚の排泄物なのです」

 米マイアミ大学の淡水生態学者、マイケル・バンニ氏は言う。「熱帯雨林と同じ仕組みです。土中の栄養分が少ない割に森が豊かなのは、非常に効率的な再循環が行われているからです」(参考記事:「アマゾン熱帯雨林を守る先住民の活動」

 再循環の追跡調査は、容易な作業ではない。アルガイヤー氏はバハマのアバコ島で、1日のはじめに魚を捕らえ、海水を詰めたビニール袋に入れるという日々を数年間続けた。魚を入れる前と後に、水の化学組成をそれぞれ記録しておけば、魚が水中でどれだけの尿を排泄したかが把握できる。とはいえ、魚の体も栄養分の貯蔵庫として働くことから、尿の調査以外にも、魚を凍結乾燥させ、それを細かく砕いて分析可能な粉にするという作業が必要だった。

「やっかいですし、気分の悪くなる作業です。ベビーパウダーのように細かい魚粉が、眉毛に入り込んできます」とアルガイヤー氏は言う。

アルガイヤー氏が捕獲、調査した最大の個体は、体長1メートル超のグリーンモレイ(学名:Gymnothorax funebris)だ。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL PATRICK O'NEILL, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、論文の共著者であるアベル・バルディビア氏とコートニー・コックス氏は、数年間にわたりフロリダキーズからキューバまで広がるサンゴ礁の写真を収集した。43カ所のサンゴ礁に生息する143種の生物のリストをつくるのは、並大抵の苦労ではない。ふたりは各サンゴ礁で、ときにはバスケットボールコートほどの広さがあるエリア内にいる魚を数え上げて大きさ別に分類し、その作業をひとつのサンゴ礁につき最大10回ほど繰り返した。(参考記事:「46カ国でサンゴ礁の大調査、意外な傾向が判明」

持続可能な漁業のためには

 こうして得た調査結果を元に、研究チームは、漁が行われたエリアでは、魚による再循環作用の5割近くが失われていることを発見した。漁によってサンゴ礁に生息する種の数がわずかに減ったとしても、種の減少だけでは再循環を大きく阻害する要因にはならない。実のところ最も影響が大きかったのは、食物連鎖の上層にいる大型の魚がいなくなることだった。種の数が保たれても、尿を排泄する魚が減ってしまうのだ。(参考記事:「巨大クジラ、漁業資源の増殖に貢献?」

「ある種が存続したとしても、その量が大幅に失われた場合、その種が持つ生態系における機能は失われます」とバンニ氏は言う。「生物の保護と言うと、人々はつい『種の数』が減らないようにと考えがちですが、事はそう単純ではありません」

 論文にはこの問題に対する政策提言は含まれていないが、今回の発見は、捕獲する魚の大きさに規定を設けることが、漁業に利益をもたらす可能性があることを示唆している。大型の魚を保護すれば、その尿も守られることになり、世界中のサンゴ礁において持続可能な栄養循環の維持につながるだろう。

 ローズモンド氏は言う。「人間の行為によって負の反応が生じ、生態系の恩恵が失われるという状況は、これまでに何度も見ています。今回明らかになったことを活かせれば、自然が損なわれないように人間が価値をもたらすことができるのです」(参考記事:「海の酸性化からサンゴを守る応急処置」

【フォトギャラリー】壊れゆくサンゴの王国グレート・バリア・リーフ(2011年5月号)

文=Michael Greshko/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加