【動画】前脚を失ったクマ、二足歩行で元気

まるで着ぐるみ?器用に歩く姿が撮影される

2016.07.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国ニュージャージー州の郊外にある民家の裏庭を、二足歩行で器用にうろつくクマ。まるで中に人が入っているかのような自然な歩きっぷりだ。

「ペダルズ」の愛称で呼ばれるこのオスのアメリカクロクマは、両方の前脚を負傷しているため、四足歩行ができない。最近になって再び目撃されるようになり、同情を寄せる人々から保護を求める声が盛んに上がっている。

 確かにペダルズには障害があるが、同州の魚類野生生物課は「このクマは活動的で健康に生きています。昨年よりやや大きくなっており、後ろ脚しか使えない状態に適応し、自力で生存しています」とコメントを出した。また、衰弱している兆候が見られれば手を差し伸べるとも述べている。(参考記事:「翼の折れた鳥を再び飛べるようにする驚きの方法」

「あまり知られてはいませんが、クマは重傷を負っても自力で回復できます」と話すのは、ミネソタ州自然資源局に勤めるクマの専門家、デイブ・ガーシェリス氏だ。彼は、クマの驚くべき回復例を何度か目にしてきた。

 あるクマは車にはねられ、前脚と後ろ脚を1本ずつ失うことになった。「けがをした2本の脚が腐り、ほぼ失われた状態から回復しなければならなかったのです。前後に2本だけ残った脚で斜めに歩かざるを得なくなりましたが、うまくこなしているようでした」

 またあるクマは、けがで下あごを全て失ってしまった。下の歯がなくなったクマは「ベリー類を前脚ですりつぶし、なめ取って食べることを覚えたのです」と、ガーシェリス氏は振り返る。

「クマの身になる」のは難しい

 では、クマはひどい傷をどうやって克服できるのだろうか。「まず、単純にクマは人間よりもかなり頑丈です」とガーシェリス氏。「クマがどんな風に日々生きているのか、クマの身になって考えることは、人間にはなかなかできません」

 負傷したクマの苦痛を心配する声に対し、ガーシェリス氏はこう話す。「クマの痛覚感受性は人間よりずっと低いのです。人間が同様のけがをしたら痛みに耐えられず、生き延びることは不可能でしょう」

 しかも、クマは傷の治りが人間よりも早いようだ。ガーシェリス氏は、「たとえクマがかなり深い傷を負っても、ひどい感染症が起きた例は確認されていません」と話す。

 ペダルズは、たびたび郊外に出没してSNSの人気者になったが、そのことも生存に役立っているのかもしれない。「おそらく、民家の周りでたくさんの餌にありついているのだと思います。平坦な地面をとても巧みに歩いていますね」とガーシェリス氏。(参考記事:「クマと人の遭遇が急増、北米」

「もしペダルズが森にすんでいて、でこぼこした地面や急勾配の丘、障害物がある場所を歩かなければならないとしたら、今よりずっと過酷な生活になっているはずです」

文=Brian Handwerk/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加