最も汚染された街、デリーの写真28点

衝撃。大気に微粒子が舞い、ごみがあふれ、川は汚れ・・・

2016.05.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブホールスワの巨大なごみ捨て場で金属を探す男性。金に換えるのが目的だ。ここでは常にごみが燃え、有害な煙が上がっている。(PHOTOGRAPH BY MATTHIEU PALEY, NATIONAL GEOGRAPHIC)
[画像のクリックで拡大表示]

 インドの首都ニューデリーを含むデリー連邦直轄地は、面積1500平方キロ弱と日本の香川県より小さい土地に1000万を超える人々が暮らしている。

 ここは、世界で最も汚染された街の一つと言っていい。大気汚染では中国の北京がよくやり玉に挙げられるが、世界保健機関(WHO)が2014年に行った全世界の大気汚染の調査では、デリーの大気にはPM2.5などの粒子状物質が北京の何倍も含まれているという結果が出ている。ほかにもデリーの汚染を示す測定結果は数多い。(参考記事:「中国、大気汚染で8歳の少女が肺癌に」

 このような環境で、人々はどのように生活しているのだろうか。それを探るため、写真家マチュー・パレイ氏は5日間みっちりとデリーの街を歩いた。彼が撮った写真には、過密な交通や炎を上げるごみなど、行き過ぎた都市化の結末が写し出されている。

【フォトギャラリー】汚染されたデリーの街を歩く 12点

 神聖なヤムナー川も例外ではない。ヒンドゥー教徒にとってガンジス川に次いで重要なこの川の水を、全長1370キロの流域に暮らす5700万人が利用している。この川の汚染の80%は、デリー市内を通過する約22.5キロの間にもたらされる。土壌が崩れ、ごみがあふれ、化学物質が流出して水が黒くなっているところもあれば、白い膜が張っているところもある。(参考記事:「デリーの大気汚染、カギは三輪タクシー」

 ニューデリーを拠点に活動する科学環境センター(CSE)の所長、スニタ・ナレイン氏は2010年、次のような文章を書いている。「あらゆる汚染の基準からして、この川は死んでいると言えます。まだ正式に葬られていないだけです」。同氏は2016年、環境への取り組みを評価されて米『Time』誌の最も影響力がある100人に選ばれている。

 しかし、流域に暮らす人々にとって、ヤムナー川は生活の中心にある。子供たちは川で遊び、男たちはシャツを洗う。あらゆる年代の人が川に入り、その水を飲む。

 山のように積まれた廃棄物を糧に生活する人々もいる。パレイ氏は撮影中、ごみ捨て場や川岸に毎日通い、リサイクルできる金属やプラスチック、紙を探し回る人々に出会った。男性も、女性も、子供もごみを拾っている。運がよければ1日に1000ルピー(約1600円)ほど稼ぐことができるという。これはデリーの平均的な日給の3倍に相当する額だ。

【フォトギャラリー】ごみを糧に暮らす人々 15点

 インドのナレンドラ・モディ首相は2014年10月、「クリーン・インディア・ミッション」という全国規模の環境キャンペーンを発表した。いいアイデアに聞こえるが、その1週間前には「メイク・イン・インディア」というキャンペーンも発表されている。こちらは国際企業の製造拠点をインドに誘致し、雇用を創出するという内容で、環境の浄化と両立しないと指摘する人も多い。(参考記事:「インドの再生可能エネルギー事情」

 科学環境センターはこれらのキャンペーンに反対の立場をとっており、2015年の報告書で、政府の予算を見れば、環境政策を進める意思がないことは明白だと批判した。副所長のチャンドラ・ブーシャン氏は「大気汚染であれ、水質汚染であれ、廃棄物であれ、環境の悪化を食い止めるには巨額のインフラ投資が必要なのです」と述べている。

 デリーには下水処理場はあっても、下水を運ぶインフラがない。パレイ氏は撮影中、街中でも公共のごみ箱を置くといった基本的な環境整備がなされていないことに気付いた。「ごみ箱が見つからず、一日中ごみを手に持っていたこともありました」(参考記事:2015年2月号「米国 汚染地に暮らす」

次ページ:【フォトギャラリー】汚染されたデリーの街を歩く 12点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加