航空路線図でたどる空の旅、古き良き時代の冒険

ブリティッシュ・エアウェイズの貴重なコレクション12点

2017.01.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インペリアル航空の1938年の路線図。地図の作製法も書かれている。16世紀の地理学者マルティン・ヴァルトゼーミュラーの手法を基に、球状の世界地図を平面に展開したもの。(IMAGE COURTESY MAPPING THE AIRWAYS, AMBERLY PUBLISHING(2016))
[画像のクリックで拡大表示]

 20世紀初頭、全く新しい旅行手段が登場した。お金さえ出せば誰でも、飛行機に乗って外国へ旅することができるようになったのだ。船で行けば数週間かかるところを、飛行機なら数日で移動できる。ロンドンっ子がパリで週末を過ごして帰ってくることも可能になったのである。

 旅客機の普及とともに、航空会社は路線を示す地図を広告に使うようになった。そこには、以前はたどり着くのが困難だった異国の様子が描かれ、人々の関心を引き付けた。

 2016年4月に出版された書籍「Mapping the Airways」(航空路線図の物語:未邦訳)は、そんな古き良き時代を思い起こさせる貴重な航空路線図を多数紹介している。英国の航空会社ブリティッシュ・エアウェイズが古い記録や歴史的な品々を集めた施設「ブリティッシュ・エアウェイズ・ヘリテージ・コレクション」に収蔵されているものだ。(参考記事:CIAが歴史的な「機密地図」の数々を公開

「飛行機の旅は、当時革命的でした。ミステリーと冒険の気分を味わえたものです」。同書の著者で、コレクションの管理責任者を務めるポール・ジャービス氏は語る。

ロンドンからブリスベンまで(約2万530キロ、12日半の旅)、ロンドンからケープタウンまで(約1万2650キロ、9日間の旅)の路線が描かれた広告。作成年は不明。(IMAGE COURTESY MAPPING THE AIRWAYS, AMBERLY PUBLISHING (2016))
[画像のクリックで拡大表示]

 ジャービス氏によれば、1918年に第一次世界大戦が終わると、多くの空軍パイロットが暇を持て余すようになった。彼らの一部は飛行機を操縦して金を稼ぐ方法を模索し、元軍用機を再利用した民間の航空会社が次々に誕生した。1924年、英国政府はその中でも最も業績の良かった4社を買い取って統合し、インペリアル航空を設立した。ブリティッシュ・エアウェイズの前身となる会社の一つである。(参考記事:第一次世界大戦 知られざる遺産

 当初は、誰もが航空券を購入できたわけではない。「乗客は、一部の富裕層、政府役人、軍人、ビジネスマンに限られていました」とジャービス氏は言う。飛行機に乗ることができる人々は、列車でも一等車に乗り慣れていたため、そこで受けられるような質の高いサービスを飛行機にも期待した。機内は、一等車に使用されるマホガニー材を模した化粧板で飾られることもあった。

 乗客の装いも、一等車にふさわしく洗練されたものだった。「男性はスーツと襟付きシャツに、ネクタイを着けていました」(ジャービス氏)

1946年の航空路線図。実際の地形に従うのではなく、地下鉄路線図のように路線だけが簡素化されて描かれている。(IMAGE COURTESY MAPPING THE AIRWAYS, AMBERLY PUBLISHING (2016))
[画像のクリックで拡大表示]

 1920~30年代に入ると、長距離の旅行も可能になった。長時間の飛行にうんざりする人は今でも多いだろうが、当時と比べたら驚くほど短時間といえる。1935年のインペリアル航空の時刻表を見ると、ブリュッセルとコンゴの間の乗り継ぎは9回、一部は列車で移動する区間も含まれていた。全体で4日半の旅と宣伝されていたが、少なくとも5日はかかっただろうとジャービス氏は考えている。「料金には、ホテルの宿泊、すべての移動手段、食事が含まれていました」

 当時の飛行機旅行は、今よりも大変な困難を伴っていた。ジャービス氏の書籍には、カイロとバグダッドの間に横たわる砂漠に飛行機が墜落したときのための地図も掲載されている。パイロットが自分の位置を確認できるよう山や目標物を表したものだ。道路の状態が悪い地域も記されており、「岩が多い難所」と書かれている。これは、救助が遅れる可能性を示している。(参考記事:伝説の女性飛行士遭難の謎、異説が浮上

カイロからバグダッドまでの郵便飛行機の経路図。1926年。途中で飛行機が墜落した場合に現在位置が分かるように、目標物などが記されている。(IMAGE COURTESY MAPPING THE AIRWAYS, AMBERLY PUBLISHING (2016))
[画像のクリックで拡大表示]

 第二次世界大戦中は、ヨーロッパ中で民間機が飛行を差し止められていた。英国の航空会社は、軍の指揮下に置かれていた。ジャービス氏によると、ヨーロッパの同盟国への援軍として米国やカナダから軍用機でやってきたパイロットたちを祖国へ送り返すために、一部の民間機が利用されていたという。

 冷戦時代の地図も残されている。1970年代、ベルリンにあった3カ所の空港の発着便はソビエト連邦に厳しく管理されていた。当時の航空地図は、許可された航路を含む細長い部分だけが切り取られ、他の部分はすべて隠されている。(参考記事:米国で見つかった日本の軍事機密「地図」14点

 この書籍のためにジャービス氏が選んだ地図は、主に20世紀前半のもの。これらから、当時どのような作風が好まれていたかをうかがい知ることもできる。その多くは、著名な画家やデザイナーの手によるものだ。なかには、1920~30年代初期に活躍した画家で、ドイツの美術学校バウハウスの教授も務めたモホリ=ナジ・ラースローの作品も含まれている。(参考記事:地図の物語:起伏表現はこうして進化した

20世紀初頭のバウハウスを代表する人物モホリ=ナジ・ラースローが1936年に手がけたポスター。(IMAGE COURTESY MAPPING THE AIRWAYS, AMBERLY PUBLISHING (2016))
[画像のクリックで拡大表示]

 同書には、現代の航空路線図も数枚掲載されている。機内のシートポケットに入っていたり、座席モニターに表示されてリアルタイムで現在位置を知らせたりするような地図だが、昔の路線図のように郷愁感を誘うものではない。たとえあの時代を生きていなかったとしても、人々がよそ行きの服に身を包み、コンゴまでの5日間の旅を楽しんでいた古き良き時代があったことを懐かしく思う人は少なくないだろう。(参考記事:南極から月面まで、ナショジオ100年の地図

次ページ:古き良き時代の航空路線図ギャラリー

『世界の美しい地下鉄マップ』

マーク・オーブンデン著
本体3,200円+税

ナショジオストア   アマゾン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加