動物たちはなぜ奇妙な贈り物をするのか

生贄、唾液…たいていはセックスのためとだけ言っておこう

2016.12.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
飼いネコが動物の死骸を戸口に置いておくのは、愛情表現とは限らない。(Photograph by Jozsef Mark, Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

 年末年始の華やいだこのシーズンに、気になるのはこんな疑問だ。人間のほかにも贈り物をする動物はいるだろうか? いるとしたら、どんなものを贈るのだろうか?(参考記事:「動物たちも「戦争」をするのか?」

ご馳走の詰め合わせ

 虫の死骸や体の一部は、私たちには嬉しいものではないが、多くの動物には一年中いつでも歓迎される。

 例えば、求愛や交尾をするときに「婚姻贈呈」と呼ばれる贈り物をする昆虫がいる。オスのシリアゲムシは唾液を吐いてメスに与え、一部のチョウではオスが精子と栄養の混ざったものをつがいの相手に渡す。ヨモギコオロギのある種のオスは、交尾の最中に自分の羽をメスに食べさせ、傷から出る血液のようなものを吸わせる。(参考記事:「ペニスでメスの首刺すネジレバネ、壮絶な繁殖行動」

 米タフツ大学の昆虫学者で『Silent Sparks: The Wondrous World of Fireflies』の著者のサラ・ルイス氏は、最近、ホタルの婚姻贈呈に含まれる成分の一部を解明した。 (参考記事:「ホタルの発光原理に新説、余剰電子が関与」

 この動画で紹介しているオスのホタルがメスに与えるコイル状の透明な包みには、精子のほかに、メスが生む卵の数を増やす働きをすると考えられる200種類以上のタンパク質その他の化学物質と、このプレゼントの中身を受け取るのに役立つ酵素(言わばフタを開けるためのつまみ)が詰まっていることが分かった。

 さらに、この美しく光る恋人からの贈り物には、ルシブファギンという、ホタルが捕食動物から身を守るための毒素まで含まれているという。このルイス氏の研究は、12月22日付の科学誌「Scientific Reports」に掲載された。

 同氏によれば、ホタルのプレゼントは「自家製」だが、捕食者であるキシダグモのオスは、殺したての獲物を「糸で丁寧にラッピングして」メスにプレゼントする。(参考記事:「子づくりのためにプレゼントと死んだふりをするキシダグモ」

 ただし中には、食欲をそそられない植物の切れ端や、すでに自分が体液を吸ってしまってカラカラになった虫の死骸をラッピングして渡すケチな求婚者もいる。

 最悪の贈り物だ。

カラスの恩返し

 鳥も贈り物をする。

 米ワシントン大学の鳥類学者ジョン・マーズラフ氏によれば、野生のカラスも餌をくれる人間にプレゼントをする。ワシントン州の例では、カラスたちが餌をくれる男性にペンダントやハート型キャンディ、小石などをプレゼントした。

 ほかにも、アリゾナ州に住む女性がフェンスに引っかかったカラスを助けたところ、別のカラスが彼女の家の玄関先に「まるで恋人へのプレゼントのように」しょっちゅう食べ物を置いていくようになった例がある。これは、知能が高く、高度な社会性を備えたこの鳥が「自分たちの世界にとって重要な相手との間に絆を築く」からで、その相手に自分を助けてくれる人間も含まれることがある、とマーズラフ氏は言う。同氏には『世界一賢い鳥、カラスの科学』という共著がある。(参考記事:「カラスが仲間の葬式をするって本当?」

オオモズとはやにえのネズミ。ドイツのニーダーザクセン州で撮影。(Photograph by Duncan Usher, Alamy)
[画像のクリックで拡大表示]

 オスの鳥が求愛行動のひとつとして食べ物をプレゼントすることが多いのは、自分は健康で、メスが卵を産んで抱いている間に餌を運ぶ能力があることを示すためか、あるいは「単につがいの絆を維持するため」だ、と言うのは米ルイジアナ州立大学のJ.V.レムセン氏だ。(参考記事:「【動画】賢い鳥、イソップの難題をあっさり解決」

 カワセミはパートナーに魚をプレゼントするが、北の国の多くに分布するオオモズの場合はもっとドラマティックだ。オスは獲物を木の枝に突き刺して「はやにえ」にする。メスはこれをチェックして、一番肉付きの良い獲物を捧げたオスを選ぶ。

けちな親類?

 この時期、親類から贈り物をもらう可能性は低そうだ。といっても、親戚のおばさんの話ではない。アフリカに住む私たちの親類、野生の類人猿のことだ。

子どもと食べ物を分け合うメスのボノボ。コンゴ民主共和国で撮影。(Photograph by Frans Lanting, Getty Images)
[画像のクリックで拡大表示]

 人間とDNAの98パーセントを共有するチンパンジーやボノボは、仲間と食べ物を分け合うが、その方法は消極的で、まるで自分の皿のフライドポテトを誰かがくすねるのを見逃すような感じだ。(参考記事:「ボノボの性質が人間の進化の謎を解明?」

「食べ物を共有するといっても、相手に積極的に差し出すのはわずか2パーセントです」と米エモリー大学の霊長類学者、動物行動学者であり、霊長類の行動に関する10冊以上の著書があるフランス・ドゥ・ヴァール氏は言う。

 便宜に対する見返りや、交換取引にプレゼントが使われることもあるそうだ。

「オスのチンパンジーが、セックスしたいメスに渡すために、農場からパパイヤを取っていくことがあります」と、氏はメールで回答してくれた。「また、若いメスのボノボが、食べ物を持っているオスと性的接触をし、交尾中にオスの手からそれを取ろうとすることもあります」(参考記事:「チンパンジー、食べ物とセックスを取引?」

ネコのお土産

 この死んだネズミはうちのネコちゃんからのプレゼントかしら? いいえ、違います、と『The Trainable Cat』の著者、英ブリストル大学のジョン・ブラッドショウ氏は言う。

 ペットのネコが、獲物を安全な場所で食べようと家に持ち帰ったところ、キャットフードのうっとりするような匂いがする。こちらの方が美味しそうだ、と思ったところで獲物を置き去りにしていくらしい。つまり、一般に信じられているように、ネコが自分なりにご馳走してくれているわけではないのだ。(参考記事:「ネコの不可解な行動の理由は?――専門家に聞く」

 もっとも、ネコが自分勝手だと知っても驚くには当たらないが。

500ページめくっても、めくってもネコ! 気まぐれだけれど天真爛漫、そんなネコの魅力を余すところなく伝えます。ネコ好きにはたまらない1冊です。

写真集「復刻版 ネコの本」
価格:本体2,900円+税
カテリーナ・グロミス・ディ・トラナ 著
村田 綾子、佐藤 利恵 訳
サイズ:天地160mm×左右160mm、504ページ、ハードカバー
オールカラー

ナショジオストア  アマゾン  楽天ブックス

文=Liz Langley/訳=山内百合子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加