【動画】道路を横断するサケ

危険を冒して果敢に挑戦、途中で死ぬものも、米ワシントン州

2016.12.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 なぜサケが道路を渡るのか? もちろん、繁殖行動の相手を見つけるためだ。

 米ワシントン州西部のスココミッシュ川に沿った道路では、年に1度、冠水した路上を勢いよく渡っていくシロザケ (Oncorhynchus keta) の姿が見られる。(参考記事:「【動画】ボブキャットが大型サケを捕らえる」

「秋に十分な降雨があると、この川の水は堤防からあふれます。ちょうど今ごろの時期ですね」と話すのは、同州魚類野生生物局のサケ政策アナリスト、アーロン・デュフォー氏だ。

「4キロか4.5キロはありそうなサケが道路を横切る光景は、いつ見ても衝撃的です」とデュフォー氏。

 この冠水が起きる時期は、シロザケの産卵期とちょうど重なっている。川からあふれた水が道路や野原を覆うと、サケも流れに従って川の本流から外へ出てくる。

 デュフォー氏は、「おそらく、彼らは最適な産卵場所と繁殖の相手を探している最中なのでしょう。川の本流か支流にまた戻れない限り、産卵は成功しません」と話す。(参考記事:「【動画】ペンギンの夫と愛人の熾烈な戦い」

 時には遡上の途中で迷ってしまう者もいるが、秋に戻って来るシロザケの個体数は非常に多いとデュフォー氏は言う。このサケが大海での旅を終えて内陸の川に現れ始めるのは、通常11月だ。(参考記事:「ダム撤去でサケは戻るか? アメリカ」

 シロザケの稚魚は卵から孵化すると、卵が埋まっていた砂利の中から出て、真っすぐに河口へと泳ぐ点が多くのサケ類と異なる。他のサケ類は、一定の大きさになるまで3~5年は淡水にとどまるものが多い。(参考記事:「米国西部でダム3基撤去へ、自然再生めざす」

 しかもデュフォー氏によれば、こうした道路横断の光景はシロザケ以外のサケ類ではめったに見ることはできない。おそらくは遡上のタイミングが理由だろうとのことだ。

「体の半分が水から出た状態で泳ぐ巧みさは、とても印象的です」とデュフォー氏。「産卵に向かうという本能が彼らを危険な場所にも挑ませ、前に進ませるのでしょう」(参考記事:「2016年に話題を集めた動物の動画トップ10」

文=Alexandra E. Petri/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加